プリヤンカー・チョープラー、ラジニーシ教団のテロリスト役でバリー・レビンソン監督作に主演

2020年3月3日 13:00

プリヤンカー・チョープラー
プリヤンカー・チョープラー

[映画.com ニュース] 「レインマン」のバリー・レビンソンが監督する米アマゾン・スタジオの新作「Sheela(原題)」に、プリヤンカー・チョープラーが主演することがわかった。チョープラーは、インドのカルト宗教家バグワン・シュリ・ラジニーシの右腕で、バイオテロを実行した実在の女性マ・アナンド・シーラを演じる。

シーラは、1981年から85年までラジニーシの個人秘書を務めた。彼と信者たちが米オレゴン州ワスコ郡の田舎町に集団移住する計画を主導して、ラジニーシ教団はそこで勢力を拡大するが、もともといた町の住民たちとの対立が悪化。教団が政治的に力を得るための得票対策として、シーラは大勢のホームレスたちをかき集めた。84年、シーラは地元住民の投票を阻止するために、町のレストラン10軒のサラダバーにサルモネラ菌を混入するバイオテロ事件を起こし、死者こそ出なかったが751人が被害を受けた。その後、放火、盗聴、殺人未遂の容疑者となりヨーロッパへ逃亡。逮捕されたシーラは、20年の禁固刑を受けた。

米Deadlineによれば、新作「Sheela(原題)」は「トレーニング デイ」(2001)のプリクエルを執筆しているニック・ヤーボローが脚本を手がけ、デビッド・パーマット、レビンソン、チョープラー、ジェイソン・ソスノフがプロデュースする。

チョープラーは、キアヌ・リーブスと共演するワーナー・ブラザースの新作「マトリックス4(原題)」の撮影が進行中で、同作は2021年5月21日から全米公開。また、ペドロ・パスカルと共演するロバート・ロドリゲス監督の新作「We Can Be Heroes(原題)」も待機している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース