伝わり難かった?「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」のUSタイトル、公開後に変更

2020年2月15日 14:00

公開後にもかかわらずタイトル変更
公開後にもかかわらずタイトル変更

[映画.com ニュース] 全米で2月7日(現地時間)に封切られたばかりの「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」だが、公開中にもかかわらずタイトルを変更した。米エンターテインメント・ウィークリーが報じている。

同作の北米オープニング成績は3300万ドルと、5000万~5500万ドルという業界の予想を大きく下回っている。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では80%を獲得しており、作品に対する評価は高いことから、その原因をめぐりR指定であること、週末にアカデミー賞授賞式が開催されたことなど、業界ではさまざまな憶測が飛び交っている。

そんななか、配給のワーナー・ブラザースは、タイトルに原因があると判断した模様。同作はアメリカでは「Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)」というタイトルで公開されていたが、現在、全米の大手シネコンでは「Harley Quinn: Birds of Prey」と表記されているという。変更前のタイトルでは、「スーサイド・スクワッド」に登場して世界的に人気を集めた、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを主人公にしたアクション映画であることが伝わり難かったと判断したようで、変更後の興行成績に注目が集まる。

なお、本作はジョーカーと別れたハーレイ・クインが、残忍な敵ブラックマスク(ユアン・マクレガー)と対立。その戦いに向け、ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、ブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、レニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)らと曲者だらけの最凶チームを結成するというストーリー。主演のロビーはプロデューサーを兼ねている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース