新田真剣佑&北村匠海、W主演作公開に感無量 互いの労をねぎらう

2020年1月25日 13:21

新田真剣佑と北村匠海
新田真剣佑と北村匠海

[映画.com ニュース] 新田真剣佑北村匠海が1月25日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われたダブル主演作「サヨナラまでの30分」の公開記念舞台挨拶に登壇した。

1年前にメジャーデビュー目前で解散したバンド「ECHOLL」のメンバーたちの前に、見知らぬ大学生・颯太(北村)が現れ、バンド再結成をメンバーに迫る。なんと颯太の中身は1年前に死んだボーカルのアキ(新田)で、彼が残したカセットテープが再生される30分間だけ、2人は1つの体を共通していた。

1月24日に全国212スクリーンで封切られ、新田は「すごく幸せな気持ち」と感激しきり。劇中ではオリジナル楽曲の歌唱も披露しており「ファンの皆さんから、カラオケで歌ったよとか、報告を受けています」と本作ならではの喜びを語った。

お気に入りのシーンは「いっぱいあり過ぎて。でも、あれだね、あのー、ねえ、いっぱいあるからさ」と選べない様子。自分の姿が北村以外には見えない設定だけに、撮影中は「セリフのやりとりがなく、さみしかった」と振り返った。

この発言を受け、北村は「僕にしか見えない存在で、誰とも目が合わないお芝居は不安だったと思う」と新田の苦労をねぎらい、「やはり2人のシーンは思い出深い。会話から自然とアドリブが生まれたことも」と裏話を披露。「いろいろな感情があふれ出て、音楽や誰かの言葉に救われるんだと改めて気づけた。僕らの手元を離れて、作品が大きくなることを願っています」と本作への思いを語っていた。

公開記念舞台挨拶には新田と北村とともに、共演する久保田紗友葉山奨之上杉柊平清原翔萩原健太郎監督が出席。映画の内容にちなんで30秒間でカセットテープを高く積み上げるゲームに興じたほか、万歩計をつけて30秒間の歩数を競っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース