アメリカ製作者組合賞は「1917 命をかけた伝令」!

2020年1月20日 19:51

オスカー戦線の本命に名乗り
オスカー戦線の本命に名乗り

[映画.com ニュース] サム・メンデス監督の戦争映画「1917 命をかけた伝令」が、第31回アメリカ製作者組合(PGA)賞で作品賞を受賞した。

全編ワンショットで描かれる同作は、第77回ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ映画部門)を受賞し、賞レースの注目株に。過去30年の歴史で、PGA賞を受賞した21本がアカデミー賞作品賞に輝いていることから、今回の受賞でアカデミー賞の本命に名乗りを上げたといえる。長編アニメーション映画は「トイ・ストーリー4」、ドキュメンタリー映画は「アポロ11 完全版」が戴冠した。

テレビ部門では「キング・オブ・メディア」(ドラマ部門)、「Fleabag フリーバッグ」(コメディ部門)、「チェルノブイリ」(リミテッドシリーズ部門)が受賞している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース