映画「きかんしゃトーマス」最新作の舞台はイタリア! ゲスト声優は山口もえ&「麒麟」

2019年12月18日 04:00

劇場版最新作「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」
劇場版最新作「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」

[映画.com ニュース] 2020年に原作誕生から75周年を迎える世界的アニメシリーズの劇場版最新作「映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」が、20年4月3日に公開されることが決定。タレントの山口もえとお笑いコンビ「麒麟」の川島明田村裕がゲスト声優として出演していることがわかった。あわせて、予告編(https://youtu.be/zAnPXepk9Zc)もお披露目された。

前作「映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」や、19年4月から放送中のテレビシリーズに、国連とのコラボレーションでSDGs(持続可能な開発目標)にちなんだテーマのエピソードが盛りこまれるなど、世界中の子どもたちに大切なメッセージを伝えてきた本シリーズ。新作では、イタリアを舞台にしたトーマスの冒険の物語や、ソドー島のティドマス機関庫の蒸気機関車たちが結成する「スチーム・チーム」の誕生秘話が紡がれる。

ゲスト声優に決定した山口もえと「麒麟」川島明&田村裕
ゲスト声優に決定した山口もえと「麒麟」川島明&田村裕

映画の声優に初挑戦する山口は、イタリアでトーマスにいろいろなことを教える情熱的な女の子機関車・ジーナ役。少し気の強いヒロイン・ジーナの強さと優しさを引き出せる、山口の柔らかい声や口調がオファーの決め手だったという。山口は「歴史あるトーマスの、あの独特の世界に私が入っていいのか、一晩悩みました(笑)。お引き受けすることにして、家族に報告すると『ええええー!』とすごく驚かれて。『ママ、何役? 何役をするの!?』って大興奮されました」と語り、家族からも反響があった様子。「映画が完成したら、映画館に家族そろって見に行こうと思っています」と意気込みを明かした。

そして、川島は持ち前のイケボ(イケメンボイス)を生かして歌が大好きな古い機関車ロレンツォ、田村はロレンツォの歌のパートナーである客車ベッペを演じる。コンビで抜てきされたふたりは、「2歳になる娘がちょうどトーマスにハマりだした時期だったので、オファーを即決しました! めちゃくちゃ嬉しかったです。人生で一番いい声で臨みたいと思います」(川島)、「子どもの頃から見ていた作品に関われるなんて夢のようです。芸人になって、相方が川島くんで良かったです!」(田村)と喜びを語っている。今年で結成20周年となるコンビが作り上げる、歌唱シーンにも注目だ。

予告編では、イタリアで様々な遺跡やお宝、そして「消えた機関車の伝説」と出会い、新しい冒険に胸をときめかせるトーマスを活写。一方、ソドー島ではトラブルが続き、港では事故が発生。蒸気機関車たちによるスチーム・チームが力を合わせて問題に立ち向かい、チームワークを発揮する様子も切り取られている。さらに、トーマスに「あなたってば、何も知らないのね」といたずらっぽくほほ笑むジーナをはじめ、ロレンツォとベッペら新キャラクターの姿も確認できる。

映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!」は、20年4月3日から東京のシネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほかで公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース