デル・トロの“原点”が映画化! 「スケアリーストーリーズ 怖い本」20年2月公開

2019年10月31日 07:00

図書館に置くことを禁止された ベストセラーが映画化
図書館に置くことを禁止された ベストセラーが映画化

[映画.com ニュース] ギレルモ・デル・トロ監督が企画・製作を務め、ストーリー原案を担当した「Scary Stories to Tell in the Dark(原題)」が、「スケアリーストーリーズ 怖い本」の邦題で、2020年2月28日に日本公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルと特報映像がお披露目された。

シェイプ・オブ・ウォーター」が第90回アカデミー賞作品賞ほか全4部門で受賞し、19年にはハリウッドの殿堂入りも果たしたデル・トロ監督。オスカー受賞後初となる企画・製作を務めた本作は、10代の頃多大な影響を受けた児童書シリーズを基にした作品だ。81年に第1作が発表され、その後累計700万部を売り上げながらも「実際の事件をほうふつとさせるような描写」「おどろおどろしいスティーブン・ガンメルの挿絵」に親や教師から苦情が殺到。子どもには過激すぎるとして、全米の学校図書館に置くことを禁止する論争が巻き起こった。

デル・トロ監督の原点のひとつとも言える“怖い本”の映像化を託されたのは、「トロール・ハンター」「ジェーン・ドウの解剖」でカルト的な人気を博し、スティーブン・キング原作「死のロングウォーク」の監督にも決定しているアンドレ・ウーブレダル。ゾッとするような映像表現、ダークユーモアの才能を評価していたデル・トロ監督は「今作を任せられる監督は彼しかいない」と太鼓判を押している。全米では、8月9日(現地時間)に公開され、初日1位を記録している。

ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだ子どもたちが1冊の本を見つける。そこには噂に聞いた怖い話の数々がつづられていた。次の日から、子どもがひとり、またひとりと消え、“怖い本”には毎夜新たな物語が書かれていく。主人公となったのは、消えた子どもたち。そこには、彼らが“いちばん怖い”と思うものに襲われる物語が紡がれていた。

特報では、全ての元凶である“怖い本”が登場し、背筋が凍りつくような戦慄の一部を体感することができる。赤い光が点滅する廊下に姿を見せた不気味な“何か”は、デル・トロ監督のこだわりが詰まったフォルムとなっている。ポスターでは、白く丸みをおびた“何か”が廊下の奥に立つ姿に加え、1ページ目が大きく開かれた“怖い本”が写し出されている。

スケアリーストーリーズ 怖い本」は、20年2月28日から東京・新宿バルト9ほか全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com