松尾スズキ、挑戦のR18指定「108」に手応えも自虐「悪い感想は胸に秘めて」

2019年9月24日 22:36

松尾スズキと中山美穂
松尾スズキと中山美穂

[映画.com ニュース] 演出家で俳優の松尾スズキの映画監督第4作で脚本、主演も兼ねた「108 海馬五郎の復讐と冒険」の完成披露試写会が9月24日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。松尾は出演の中山美穂秋山菜津子岩井秀人らと上映後に舞台挨拶。「私の私による私のための映画を、赤の他人の皆さんに見せてすいませんでした」といきなり頭を下げ、笑いを誘った。

SNSで妻の浮気を知った脚本家が、復讐のため「いいね」を押された数と同じ108人の女性を抱くために奔走するR18(18歳未満入場不可)指定の野心的な作品。撮影は1年ほど前で、この日はほかにも坂井真紀大東駿介土居志央梨と主要キャストがそろい「1年たったのに集まってくれるということは、きっと後悔していないという言質を取った」と胸をなで下ろした。

その妻を体当たりで演じた中山は、「とても面白い脚本で、多少はちゅうちょしましたが、内容が勝ってぜひやりたいと思いました。完成した作品を見てゲラゲラ笑ってしまい、こんなに面白い作品はないというくらいでした」とべた褒め。松尾については、「お芝居をすると熱いパッションがあって、日に日にかわいいなと思うようになりました」と笑顔で話した。

松尾とは30年来の付き合いで、大胆なラブシーンにも挑戦した秋山は「本当に作るのかと思いましたが、松尾さんは一度言い出したら突き進む方なので付いていきました。素晴らしかった」と信頼を置いている様子。松尾の妹を演じた坂井も、「監督と主演はとても大変で、お兄ちゃん頑張れという気持ちで本気で心配していた。この作品に参加できたことを誇りに思います」と語った。

出演者の礼賛に照れることしきりの松尾だったが、「脱ぐシーンが多くて演じる時は素っ裸で、(監督として)モニターを確認する時はまたすぐ脱ぐからいいのに1枚は羽織りたかった。その繰り返しが体をむしばんでいった。主演と監督をすることは、こういうことだなと思った」と自虐。さらに、「5年前に構想して、ようやく日の目を見た。これが10日で打ち切られると死んでも死にきれない。悪い感想は胸に秘め、SNSが功を奏すようにつぶやくなり、映えるなり、皆さん、頑張ってください」と切実な思いを訴えた。

108 海馬五郎の復讐と冒険」は、10月25日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース