R18「火口のふたり」柄本佑が瀧内公美に秋田弁で“関係”を迫る本編映像入手

2019年8月22日 18:00

自分の欲求をストレートに吐き出す!
自分の欲求をストレートに吐き出す!

[映画.com ニュース] 直木賞作家・白石一文氏の同名小説を、柄本佑瀧内公美の主演で日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦が実写映画化した「火口のふたり」の本編映像を、映画.comが先行入手した。

荒井氏の監督作3作目となる本作は、男と女の不確実な愛を描いた物語。東日本大震災から7年目の夏。離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、全てを失った永原賢治(柄本)は、旧知の女性・佐藤直子(瀧内)の結婚式に出席するため秋田に帰郷する。久々の再会を果たした賢治と直子は、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、かつてのように身体を重ね合う。

本編映像では、久しぶりに身体を重ねた賢治と直子が、その翌日に中華料理屋で食事をしているシーンをとらえたもの。好物のレバニラ定食を食べる賢治は「あの頃さ戻ってみたば、帰り道どこ見失った」と打ち明け、直子を困惑させる。さらに「昨日一晩限りだって頼んだでしょ」とたしなめられても「自分で勝手に火点けといて、あとは勝手にひとりで消せって言われたって、そんたこと納得できるわけねぇべった」と強い口調の秋田弁で関係を迫っていく。

一度関係を持った後は、自分の欲求をストレートに吐き出し、グイグイと迫っていく賢治の姿からは、男性の身勝手さが際立って見える一方で、どこか憎めないチャーミングさも感じさせられる。そんな賢治に根負けした直子は「彼が出張から戻ってくるまでだからね」と婚約者が帰ってくるまでの“残り5日間”を一緒に過ごすことを提案する。

火口のふたり」は、8月23日から全国で公開。R18+指定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース