松本穂香「おいしい家族」主題歌はyonige!父・板尾創路の衝撃告白収めた予告公開

2019年7月26日 11:00

実家に帰ると父が母になっていた!?
実家に帰ると父が母になっていた!?

[映画.com ニュース]松本穂香が長編映画初主演を務める「おいしい家族」の予告編が公開された。あわせて、主題歌はガールズロックバンド「yonige」の「みたいなこと」に決定した。

小説家としても活躍する新鋭ふくだももこ監督が、かつて自身が手がけた短編映画「父の結婚」を長編化。東京で働く橙花(松本)は、母の三回忌のために実家のある離島へ帰るが、父・青治(板尾創路)が母の服を着て生活する光景を目の当たりにする。状況を理解できない橙花に対し、父はお調子者の居候・和生(浜野謙太)と「家族になる」ことを伝える。

予告編では、橙花が青治から「父さん、母さんになろうと思う」と告げられるシーンや、そんな青治を優しく受け入れる和生(浜野)、橙花の弟・翠(笠松将)、居候する女子高生・ダリア(モトーラ世理奈)が映し出される。青治をはじめ、さまざまな価値観や個性を持った人々との出会いを通して、橙花は自分らしく生きることの大切さに気づいていく。

主題歌を担当したyonigeは、ふくだ監督、松本と同郷の大阪出身。au“三太郎シリーズ”「笑おう」編のCM曲「笑おう」の楽曲などで注目され、若者を中心に支持を集めている。本作を鑑賞したボーカルの牛丸ありさは、それぞれの個性を受け入れ合う世界観が描かれた本作を見て「あなたの勝手にして欲しい。あなたの好きなようにして欲しい」とコメントを寄せた。

おいしい家族」は、9月20日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2019「おいしい家族」製作委員会

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース