バナナマン設楽統、「ペット2」に自信!「ハードルあげて構わない」

2019年7月14日 19:49

出来栄えに自信!
出来栄えに自信!

[映画.com ニュース] 「ミニオンズ」「SING シング」のイルミネーション・エンタテインメントが手がける人気シリーズ第2弾「ペット2」のジャパンプレミアが7月14日、都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めるお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統日村勇紀をはじめ、佐藤栞里内藤剛志伊藤沙莉が出席した。

設楽は前作に引き続き、主人公の犬・マックスを演じており「前作よりパワーアップして、心温まり、元気になる映画。ハードルをあげてもらって構いません」と自信のコメント。相棒犬のデューク役を続投する日村が頭にかぶったバスケットに、ボールを投げ入れ、見事にゴールを決めると「これでお客さんも“入る”」とヒットに期待を寄せていた。

内藤はマックスの成長のカギを握る牧羊犬のルースター役で、シリーズ初参戦。数々のスタジオジブリ作品で声優経験があるが、「動物役は初めて」だといい、「生まれてこのかた、ペットがいなかったことがないほど動物が好き。彼らの言葉が分かりたい、彼らと会話したいという夢をかなえてくれた」と大喜びだった。現在は自宅で猫を飼っており、「今すぐうちに帰りたい」と溺愛ぶりを披露した。

個性的なペットたちが、飼い主がいない間に大騒動を巻き起こす。監督は前作「ペット」や「怪盗グルー」シリーズを手がけてきたクリス・ルノー。世界で唯一、日本だけで短編アニメーション「ミニオンのキャンプで爆笑大バトル」が同時上映される。ジャパンプレミアには本作のイメージソングを担当する木村カエラ、宣伝隊長を務める柴犬のまるちゃん、劇中キャラクターのキャプテンスノーボールも駆けつけた。

ペット2」は、7月26日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース