ジョージ・クルーニー監督・主演「世界の終わりの天文台」映画化にフェリシティ・ジョーンズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月11日 > ジョージ・クルーニー監督・主演「世界の終わりの天文台」映画化にフェリシティ・ジョーンズ
メニュー

ジョージ・クルーニー監督・主演「世界の終わりの天文台」映画化にフェリシティ・ジョーンズ

2019年7月11日 11:00

フェリシティ・ジョーンズ

フェリシティ・ジョーンズ
写真:Best Image/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Netflixが、作家リリー・ブルックス=ダルトンのSF小説「世界の終わりの天文台(Good Morning, Midnight)」を映画化する新作に、フェリシティ・ジョーンズが出演すると米Deadlineが報じた。

タイトル未定の本作は、ジョージ・クルーニーが監督・主演。2016年に出版された原作は、人類滅亡の危機に瀕した世界を舞台に、北極圏の天文台にいる孤独な老学者オーガスティンが、撤収便に乗れず取り残された幼い少女を見つけて保護する物語と、ミッションを終えた木星探査船の乗組員サリーが、地球との交信が途絶えるなか帰還を目指す物語が、同時進行で描かれている。

映画はクルーニーが老学者オーガスティン役を演じる。ジョーンズの役柄は明らかになっていない。「レヴェナント 蘇えりし者」の脚本家マーク・L・スミスが脚色。クルーニーとグラント・ヘスロフのスモークハウス・ピクチャーズ、アノニマス・コンテント、シンジケート・エンタテインメントがプロデュースし、10月にクランクインする。

(映画.com速報)
レヴェナント:蘇えりし者[Blu-ray/ブルーレイ] レヴェナント:蘇えりし者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥936 レオナルド・ディカプリオと・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報