「スニーキー・ピート」シーズン3で打ち切り

2019年7月7日 17:00

「スニーキー・ピート」シーズン1の一場面
「スニーキー・ピート」シーズン1の一場面

[映画.com ニュース] Amazonプライムのオリジナルドラマ「スニーキー・ピート」が、シーズン3で打ち切られることになったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

「スニーキー・ピート」とは、残忍なギャング(ブライアン・クランストン)に追われている詐欺師(ジョバンニ・リビシ)が、刑務所で同じ独房にいたピートになりすますことから生じるトラブルを描く物語。エミー賞作品賞2冠に輝いた「ブレイキング・バッド」の主人公ウォルター・ホワイト役でブレイクしたブライアン・クランストンが共同で企画をした同作は、もともとは米CBSのドラマとしてパイロット版が制作されたものの、CBSをはじめとするテレビ局が見送ったため、Amazonが獲得した経緯がある。

AmazonはライバルのNetflixと同様、オリジナルドラマの視聴者数を公表していないが、「スニーキー・ピート」第1話のストリーミング回数は、Amazonのオリジナルドラマとして第2位の記録を達成したと発表していた。米Amazonは「スニーキー・ピート」のシーズン3を5月10日に配信開始したばかり。今シーズンでの打ち切りを決定した背景には、Amazonのオリジナルビデオを制作するアマゾン・スタジオの方向転換が関与しているようだ。

もともとアマゾン・スタジオは、「トランスペアレント」や「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」など作家性の強い小粒のドラマを得意としていた。「スニーキー・ピート」もそんななかで生み出されたドラマだが、親会社Amazonジェフ・ベゾス最高経営責任者は、2017年に「ゲーム・オブ・スローンズ」のような世界的な大ヒットドラマを作れと指示。その結果、「高い城の男」「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」といったAmazonのレギュラー番組が打ち切られる代わりに、ドラマ版「ロード・オブ・ザ・リング」や「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」といった大作ドラマが作られている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース