藤原竜也、七夕の願い事は「Diner 2」製作! 全編メキシコロケを希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月5日 > 藤原竜也、七夕の願い事は「Diner 2」製作! 全編メキシコロケを希望
メニュー

藤原竜也、七夕の願い事は「Diner 2」製作! 全編メキシコロケを希望

2019年7月5日 19:00

平山夢明の同名小説を映画化「Diner ダイナー」

平山夢明の同名小説を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の藤原竜也が7月5日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作「Diner ダイナー」の初日舞台挨拶に登壇。七夕の願い事を聞かれ「Diner 2 撮影 ALL メキシコロケ!」と続編製作に期待を寄せた。

平山夢明の同名小説を映画化した異色サスペンス。殺し屋専用の食堂「ダイナー」を舞台に、元殺し屋の天才シェフ、ボンベロ(藤原)と、店に立ち寄る濃厚キャラの殺し屋たちが攻防を繰り広げる。全国337スクリーンで封切られた。

舞台挨拶には藤原をはじめ、共演する玉城ティナ窪田正孝本郷奏多武田真治真矢ミキ奥田瑛二蜷川実花監督が出席し、藤原は「ワンカット、ワンカットを成立させていく日々。この濃ゆいメンバーに囲まれて、大変な現場でした!」と振り返った。

撮影中には12時間、雨に打たれたこともあったといい「そこに真矢先輩がやって来て、全部かっさらうんですよ。真矢さんの立ち回りには、拍手が起こるんですけど、『待て、待て』と(笑)。僕には拍手1個もなくて。それに監督は、花びらも降らせたいって言うし」と恨み節を披露。当の真矢は「皆さんが気を使ってくださった」と恐縮しきりだった。

このやりとりに、蜷川監督は「竜也は、『できて当たり前』って思われているから大変(笑)。できる、できる、できたねって感じで」とあっけらかん。くせがすごいキャスティングについては、「皆さん、大好きな方々なので、信じていたし、期待値しかなかった」と全幅の信頼を寄せた。

また、奥田が「真矢さんに思いきり蹴られて、2メートルくらい吹っ飛んだ。まだ、痛いです(笑)。元ヤンの類か何かと思ったら、元宝塚だったんですね」と藤原にならって、恨み節を全開させると、真矢は「お体、大丈夫ですか?」と再び恐縮。筋肉体操で再ブレイク中の武田は、おとなしい客席に向けて「皆さん、静かですね。スクワットでもしときますか!」と筋肉キャラを発揮していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報