中村倫也が名曲を熱唱!山寺宏一は“山ちゃん”違いで場内盛り上げる

2019年6月6日 21:41

イベントに出席した中村倫也、山寺宏一ら
イベントに出席した中村倫也、山寺宏一ら

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した「アラジン」の日本語吹き替え版キャストが参加するスペシャル・ナイト イベントが6月6日、TOHOシネマズ日比谷で行われた。主人公アラジンの吹き替えを担当する俳優の中村倫也は、王女ジャスミン役のミュージカル女優・木下晴香とともに、「フレンド・ライク・ミー」「ホール・ニュー・ワールド」といった名曲の数々を披露した。また、ジーニー役の山寺宏一、ジャファー役の北村一輝も駆けつけた。

貧しいが清らかな心をもつ青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いのロマンス、そして3つの願いをかなえる魔法のランプをめぐる冒険をガイ・リッチー監督が映画化した「アラジン」。字幕版と同時公開されるプレミアム吹き替え版は、声優がセリフだけでなく劇中歌も歌う特別仕様となっている。この日のイベントには1万人の応募があったそうで、注目度の高さを見せつけた。

歌唱パフォーマンスが終わった中村は「すごく楽しかったです。こんなぜいたくな機会はそうそうないと思うんで。『アラジン』が決まって、一番の楽しみが山寺さんと声の掛け合いができることだったんです。『フレンド・ライク・ミー』もノリノリでした」と笑顔。木下も「会場の皆さんがペンライトを振ってくださると世界が広がったような気がして。リラックスして、楽しんで歌わせていただきました」と続けてみせる。

そして山寺は「わたくし、蒼井優ちゃんと電撃婚“じゃない方”の山ちゃんです。『山ちゃん、優ちゃんと結婚したの?』と言われるんですけど、“じゃない方”ですから」と世間を驚かせた南海キャンディーズ・山里亮太のニュースを踏まえて挨拶し、会場は大盛り上がりとなった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース