「小さな恋のうた」バンドメンバーが森永悠希のMCを絶賛、佐野勇斗「滑舌がいい」

2019年6月1日 19:11

舞台挨拶に立った佐野勇斗、森永悠希、 山田杏奈、眞栄田郷敦、橋本光二郎監督
舞台挨拶に立った佐野勇斗、森永悠希、 山田杏奈、眞栄田郷敦、橋本光二郎監督

[映画.com ニュース] 人気バンド「MONGOL800」のヒット曲をモチーフにした青春映画「小さな恋のうた」の大ヒット舞台挨拶が6月1日、東京・新宿バルト9で行われた。劇中で「小さな恋のうたバンド」(ちい恋バンド)を結成する佐野勇斗森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦橋本光二郎監督が登壇。宣伝部長を名乗り出た森永が、MCを務めた。

森永のなかなかの司会進行ぶりに、山田が「さすがですね。すごいと思って感動しました」と感嘆。佐野も、「滑舌がいい」と褒めそやすと、森永はまんざらでもない表情を浮かべた。

「ここがすごいよ、ちい恋メンバー」とお題が振られると、佐野が山田に対し「この人、ヤバいっすよ。感性が独特で、どれだけ壮絶な人生を歩んできたんだというくらい、言葉に重みがある」と驚嘆。森永も、「才能をまだくすぶらせている、隠しているんだぞというオーラが出ている」と輪をかけ、まだ18歳の山田を苦笑させた。

その山田は、眞栄田を「すごくストイック。周りのことをよく見ているし、私は自分に厳しくが目標だけれど、なかなかできない。尊敬します」と称賛。眞栄田は「ありがとうございま~す」とあえてとぼけた感じで返したが、あまりの照れくささに吹き出す。森永が「今日ははじけてみようと思っていたんだよね」と優しく助け船を出した。

続いて森永が、「僕も(MCを)頑張っているけれど、何かないの?」とおねだり。佐野が「走り方」と言ってモノマネをすると、今度は橋本監督が「感動につながるシーンなのに、皆さんがそういう思いでみるだろう」とダメ出し。山田が、「早口なところが好き。いつもスラスラと言葉が出てきて、どんどん盛り上げてくれる」とフォローした。

仲が良く結束力の強さを随所に見せた出演者の4人。佐野が締めの挨拶で、「僕らだけではなく、スタッフや(ロケ地の)沖縄の人たちの思いがいっぱい詰まっています。音楽の力もあって、それが『届け。あなたに』というコピーにもつながっている。この思いが日本中の皆さんに届けばうれしい」と声高らかにアピールした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース