玉森裕太「パラレルワールド・ラブストーリー」原作者・東野圭吾からの手紙に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月1日 > 玉森裕太「パラレルワールド・ラブストーリー」原作者・東野圭吾からの手紙に感激
メニュー

玉森裕太「パラレルワールド・ラブストーリー」原作者・東野圭吾からの手紙に感激

2019年6月1日 17:06

ふたつのくす玉を割ってお祝い「パラレルワールド・ラブストーリー」

ふたつのくす玉を割ってお祝い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「Kis-My-Ft2」の玉森裕太、女優の吉岡里帆、俳優の染谷将太森義隆監督が6月1日、映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開記念舞台挨拶を東京・丸の内ピカデリー1で行った。5月31日に、全国316スクリーンで公開。撮影から1年以上が過ぎ、主演の玉森は「ずっとこの時を待っていた。やっとかという気持ちです」と喜びをかみしめた。

東野圭吾氏の同名ベストセラー小説が原作。玉森は2つの世界に迷い込み苦悩する崇史という役どころで、サプライズで東野氏からの手紙が読み上げられた。

「崇史の内面は、私がこれまで創作したキャラクターの中でも、飛びぬけて複雑です。正面から取り組まれたことに敬意を表します。この経験が、少しでも糧になることを祈っています」

玉森は「光栄です。うれしいですね」と感激しきり。作品の内容と玉森の「」にかけてふたつのくす玉を割って公開を祝い、「監督にもたくさん追い込んでいただきました。この作品がヒットするよう、皆さんの力もたくさん借りて盛り上げていきたい。皆さんはSNS、得意ですよね」と拡散を呼び掛けた。

恋人役の吉岡も、「玉森さんは撮影中、どんどんつらい状況になって、やせていってストイックだった」と称賛。だが、「プロモーションでバラエティ番組に一緒に出た時に、ウド鈴木さんとタヌキのコスプレを見て同じ人とは思えなかった。元気そうで良かったと思いました」と明かした。

「ああいう仕事もやらなきゃいけないんですよ」と照れ笑いの玉森。それでも、「めちゃくちゃ楽しんでやっていました」と語り、胸を張った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報