EXILE TAKAHIRO、火傷覚悟の熱演! 「僕に、会いたかった」インタビュー&メイキング映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月3日 > EXILE TAKAHIRO、火傷覚悟の熱演! 「僕に、会いたかった」インタビュー&メイキング映像
メニュー

EXILE TAKAHIRO、火傷覚悟の熱演! 「僕に、会いたかった」インタビュー&メイキング映像

2019年5月3日 12:00

TAKAHIROの覚悟がにじむ映像「僕に、会いたかった」

TAKAHIROの覚悟がにじむ映像
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROが主演する「僕に、会いたかった」のインタビュー&メイキング映像が、このほど披露された。「多少の火傷は、もう僕は(大丈夫)。この作品にかけているので」と覚悟をのぞかせるなど、記憶を失った漁師という難役に挑んだ風景を映しだしている。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」「たたら侍」などで知られる錦織良成監督がメガホンをとった、家族の絆と再生の物語。島では凄腕の漁師として知られた徹(TAKAHIRO)は、12年前に起こった事故がきっかけとなり、記憶を失ってしまった。献身的に支えてくれる母、心優しい医者、本島からやって来た“島留学”の学生たちと触れ合いながらも、徹は「ありがとう」と言いたい人も忘れ、心だけが前に進まずにいた。やがて島の人々の優しさに包まれた徹は、事故の真相と向き合い、“自分自身”を見つけ出していく。

「初めて単独で主演をさせていただくということで、とてもプレッシャーを感じたのですが、元々、錦織監督の作風がすごく好きで。いつか温かいヒューマンドラマをやってみたいと思っていたので」。そう語るTAKAHIROは、母親役の松坂慶子との共演や、島根県隠岐島での撮影風景に言及していく。

和やかな食事シーンでは、撮影用に島民たちが用意してくれた数々の料理を、残さず平らげたそうだ。嵐の場面では船上で冷たい雨を浴びながら、錦織監督と意見を交換し、自らアイデアを提案する姿も切り取られている。

僕に、会いたかった」は、ほか山口まゆ柴田杏花板垣瑞生秋山真太郎小市慢太郎らが共演。5月10日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報