山崎賢人、大ヒット中の「キングダム」は「本当に代表作になった」

2019年4月28日 20:00

クライマックスのバトルシーンを語りあった
クライマックスのバトルシーンを語りあった

[映画.com ニュース]原泰久氏の人気漫画を実写映画化した「キングダム」の大ヒット舞台あいさつが4月28日、新宿バルト9で行われ、山崎賢人吉沢亮坂口拓が出席した。

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・えい政(吉沢)の壮大な物語。4月19日に全国公開され、現在まで動員100万人、興収14億円を突破する大ヒットとなったことを聞いた二人は、「すごいな」と驚くことしきり。

山崎も「本当にたくさんの方からメッセージをもらって。反響がすごいんですよ。心震えましたと言われたこともうれしかったですし、原作が好きな人からめちゃくちゃ面白かったと言ってもらえてすごくうれしかったですね」と笑顔。「代表作になったらいいなと思って撮影に挑んだし、本当に代表作になりました」と誇らしげな顔で付け加えた。

一方の吉沢も「友だちからの反響が大きくて。役者の友だちがすばらしかったねと言ってくれて。本当に良かったですね」と晴れやかな表情。「この作品に対する皆さんの本気度や熱量はものすごいものがありました。代表作というか、役者としてのターニングポイントとなればいいなと思いましたが、それが形として結果を残せたのはうれしいなと思いますね」と続けた。

そしてこの日はイベント途中から左慈役の坂口も登壇。クライマックスで展開される左慈と信のバトルシーンは大迫力であったが、「一分間の長回しのところは、最初だけ段取りを決めて。『賢人はここで止めて。そこからは自由だからね』と言ったんですけど、賢人は(本気のスイッチが入って)止めなくて。後でメイキングを見た時に、本当に狙ってきているのを見てゾッとした」と笑いながら振り返る坂口に対して、山崎も「本編ではいいところだけ使われているんですけど、本当に主人公なのに死んじゃうんじゃないかと思うくらいに、本当の闘いを左慈さんとやれたのが大きかったんですよね」と返答。

「賢人って信に似ていて本当にまっすぐ。迷いがないから、鍛えれば相当強くなるだろうな」と山崎を評する坂口は、「そのブレのない思いが剣にのっているんで。そこがすごいなと。振り慣れていないと剣がぶれてくるんですよね。でも賢人はそれがしっかりとできる」とコメント。山崎も「ちょうど(坂口主演の格闘アクション)『RE:BORN リボーン』を見たばかりで。ヤバいなと。こんな本物の人と戦って生きていられるのかと思いましたけど、本当の闘いを教えてくださったので、本当に良かったです」と笑顔を見せた。

吉沢自身はそのシーンの撮影にはいなかったというが、後でその動画を山崎から見せてもらったそう。「あの緊張感というか、緊迫した空気は、撮影で生まれるものとは違う、ガチで狙っている感じが、お互いの距離感が違っていた。その映像って流せないのかな、というくらいすごい映像でしたね」とそのシーンを称賛した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース