“赤鬼先生”堤真一の後悔&葛藤、そして涙の決断 「泣くな赤鬼」本予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月25日 > “赤鬼先生”堤真一の後悔&葛藤、そして涙の決断 「泣くな赤鬼」本予告完成
メニュー

“赤鬼先生”堤真一の後悔&葛藤、そして涙の決断 「泣くな赤鬼」本予告完成

2019年4月25日 07:00

柳楽優弥、川栄李奈らが共演「泣くな赤鬼」

柳楽優弥、川栄李奈らが共演
(C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベストセラー作家・重松清氏の短編小説を、堤真一柳楽優弥川栄李奈の共演で映画化する「泣くな赤鬼」の本予告映像が、このほどお披露目された。

「ビタミンF」「とんび」「その日のまえに」「流星ワゴン」などで知られる重松氏の短編を、「キセキ あの日のソビト」の兼重淳監督のメガホンで映画化。短編集「せんせい。」に収録されている「泣くな赤鬼」は、重松氏が高校の教壇に立つ友人に「先生になって一番つらかった思い出」を問いかけた際の返答から生まれた物語だ。

城南工業野球部監督・小渕隆(堤)は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場の一歩手前で散ってから、早10年――ある日、かつての教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ/柳楽)と偶然、病院で再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに高校を中退したゴルゴだったが、現在は立派な大人に成長し、妻・雪乃(川栄)と幸福な家庭を築いていた。しかし小渕は、その彼が「末期がんで余命半年」であることを知ってしまう。

竹原ピストルによる主題歌「おーい! おーい!!」が流れる本予告映像は、厳しさでしか生徒と向き合うことが出来なかった“赤鬼先生”の後悔、そして余命わずかとなった“ゴルゴ”との再会に「今更俺に何が出来るって言うんだ…」と葛藤するさまを活写。「俺、また野球やりたいな」と打ち明ける“ゴルゴ”、そして彼の母は「あの子がやりたい事ををやらせてあげたいんです」と訴えかける。その言葉を受けた“赤鬼先生”は涙をこらえながら、ある決断を下し、思いがけない行動をとり始める。

泣くな赤鬼」には、竜星涼、キムラ緑子、麻生祐未らも出演。6月14日から全国公開。

(映画.com速報)
その日のまえに 特別版[DVD] その日のまえに 特別版[DVD] 最安価格: ¥3,598 重松清の同名原作を、「転校生」「時をかける少女」の大林宣彦が映画化。
キセキ -あの日のソビト- スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] キセキ -あの日のソビト- スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,927 メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報