高良健吾、衣装合わせで最も時間がかかったのは…!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月20日 > 高良健吾、衣装合わせで最も時間がかかったのは…!?
メニュー

高良健吾、衣装合わせで最も時間がかかったのは…!?

2019年4月20日 20:45

舞台挨拶に立った(左から) 高良健吾、中島貞夫監督、中孝介「多十郎殉愛記」

舞台挨拶に立った(左から)
高良健吾、中島貞夫監督、中孝介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気俳優・高良健吾が30代で初めて主演した「多十郎殉愛記」が4月20日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」の特別招待作品として上映され、高良と中島貞夫監督、主題歌を手がけた中孝介が那覇・シネマパレットで舞台挨拶を行った。

中島監督が20年ぶりに手がけた劇映画となる時代劇「多十郎殉愛記」は、4月12日に封切られたばかり。幕末の京都を舞台に、長州を脱藩して小料理屋・満つやの用心棒をする清川多十郎(高良)、好意を寄せる満つや女将のおとよ(多部未華子)、腹違いの弟(木村了)が三者三様の思いを胸に、多十郎の捕縛に動き出す京都見廻組と死闘を繰り広げる姿を描く。

くまもと復興映画祭での舞台挨拶を経て、沖縄入りした3人。約8年ぶり2度目の来沖だという高良は、「最初は映画の撮影だったので全く楽しむことができませんでした。今日はさっき来たばかりなので、いいところがあったら教えてください」と客席に呼びかけた。

昨年4月20日にクランクアップしたことを明かした高良は、「幸せな時間でした。大切にしなければいけませんよね。これだけで終わらせたらダメなんです。時代劇は初挑戦くらいの気持ちでしたし、次に繋げなければいけないことがたくさん見つかりました」と真摯な面持ち。中島監督は、「殺陣というのは斬ったり斬られたりするわけですが、斬られる方が難しいんです。彼は斬られる側の稽古にも来て、そっちにも入れてくれと。高良ちゃん、わかってんなあと思いました」と高良の姿勢を絶賛し、目を細めた。

また、劇中で着用するふんどしに話題が及ぶと、中島監督は「これまでも、ふんどしを見せる俳優と絶対に見せない俳優というのがいた。さて、今回はふんどしの色をどうしようかとなったんですよ」と述懐。高良も、「ふんどしについて衣装合わせで一番時間がかかりましたね」と穏やかな笑みを浮かべえていた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」は、4月21日まで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報