ベトナムで映画化された「パパとムスメの7日間」、編集段階で思わぬ事態に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月18日 > ベトナムで映画化された「パパとムスメの7日間」、編集段階で思わぬ事態に?
メニュー

ベトナムで映画化された「パパとムスメの7日間」、編集段階で思わぬ事態に?

2019年4月18日 23:15

まさかの出演場面がカット?「パパとムスメの7日間」

まさかの出演場面がカット?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」の特別招待作品「パパとムスメの7日間」が4月18日、那覇市・桜坂劇場で上映され、落合賢監督と出演者のひとりであるギアが舞台挨拶に立った。

2007年に舘ひろし新垣結衣主演でドラマ化もされた五十嵐貴久氏の人気小説を、ベトナムで映画化。現在、米ロサンゼルスと日本を拠点に活動している落合監督が自ら原作権獲得するために交渉し、ベトナムでの製作から配給まですべての段階で関わった。昨年12月に本国で公開され、初週で観客動員50万人を超えるヒットを記録した。

落合監督は「入れ替わってしまった父と娘が、母親の死とどう向き合い、きずなを深めていくか。その大切な部分は、日本もベトナムも変わらない世界共通のテーマ」だと語り、「どこの国でも成功するのではないかと思った。今のところ、日本での公開は決まっていないが、見終わった後、家族について考えてもらえたら、それが映画の存在意義。ぜひ、広めてもらえれば」とアピールした。

ベトナムでの撮影は「親日の文化ですし、とてもやりやすかった」というが、「撮影が終わり、編集の段階になって、喫煙シーンがある映画はR18指定になる法律が決まってしまって(笑)。若い世代に見てほしい作品だったので、編集に苦労した」と“思わぬ事態”を回想。出演者のギアも「僕の出演シーンも、たくさんカットされてしまった」と苦笑いだった。

そのギアは、主演を務めるベトナムのトップ女優、ケイティ・グエンとのキスシーンを振り返り「12回も撮りなおした。その晩は、悪夢を見ました(笑)」と告白。タッグを組んだ落合監督について「若くて、面白く、仕事がしやすい監督。でも、ときどきモンスターです」と明かした。今回が初来日で、「子どもの頃からドラえもんが大好きだったから、日本に来るのは夢だった」と大喜びだった。

舞台挨拶には応援ゲストとして、ベトナム住みます芸人のダブルウィッシュが登場。クオータータレントのロバータが司会を務めた。「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」は21日まで開催。同日には那覇・国際通りを封鎖し、レッドカーペットイベントが行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報