暴力的なまでの美しさ インドの超大作「パドマーワト」予告&場面写真一挙披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月11日 > 暴力的なまでの美しさ インドの超大作「パドマーワト」予告&場面写真一挙披露!
メニュー

暴力的なまでの美しさ インドの超大作「パドマーワト」予告&場面写真一挙披露!

2019年4月11日 18:00

絢爛豪華な美術や衣装、圧倒的なスケールの映像美「パドマーワト 女神の誕生」

絢爛豪華な美術や衣装、圧倒的なスケールの映像美
(C)Viacom 18 Motion Pictures
(C)Bhansali Productions
[拡大画像]

[映画.com ニュース]“インド映画史上最大規模の製作費”という約3300万ドル(1ドル=110.18円換算で約36.4億円)を投じて創出された「パドマーワト 女神の誕生」の予告編と場面写真が、このほど一挙に披露された。絢爛豪華な美術や衣装、圧倒的なスケールの群衆シーン、血湧き肉躍るバトルなどを交え、シェイクスピア劇ばりの重厚な物語を映し出している。

13世紀末、シンガルの王女パドマーワティは、西インドの小国メーワールの王ラタン・シンと恋に落ち、妃となった。同じころの北インドでは、叔父を暗殺した若き武将アラーウッディーンが、イスラム教国の王の座を手に入れていた。“第二のアレキサンダー大王”の異名をとるアラーウッディーンは、権勢を広げていくなかでパドマーワティの美貌を知り、メーワールに兵を差し向ける。ラタン・シンとの誇りと野望をかけた戦いがはじまり、パドマーワティ自身も、ある決意をもって戦場に歩を進めていく。

予告編では、ドストエフスキーの「白夜」を下敷きにした作品や、「ロミオとジュリエット」が原案の「銃弾の饗宴ラームとリーラ」など、古典や史実を基に耽美的な映像を追究する巨匠サンジャイ・リーラ・バンサーリー監督の本領が発揮。ひと足先に本編を鑑賞したインド映画ファンからは、その完成度に「黒澤明監督の『』のよう」「暴力的なまでの美」などと絶賛評が寄せられている。

パドマーワティを演じたのは、インド映画界で“最も高額な出演料”とされるトップ女優ディーピカー・パードゥコーン。約320万円、重さ約30キロの衣装を身に着け12時間にも及ぶ撮影に臨むなど、心身ともに今作に捧げ主演を全うした。さらにアラーウッディーン役のランビール・シンは、熱演のあまり実際の性格や振る舞いが大きく変容してしまったため、撮影後に精神科医のカウンセリングを受けたとも伝えられている。

パドマーワト 女神の誕生」は、6月7日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(映画.com速報)
乱 4K Master Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 乱 4K Master Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,215 巨匠・黒澤明が構想10年・製作費26億円をかけて完成させたライフワーク的作品。シェイクスピアの悲劇「リア王」をベースに裏切りと憎しみの中で殺し合う人々の姿を壮大なスケールで活写した戦国時代劇。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報