寺田心くん、演技プラン曲げずに栄冠!ミラノ国際映画祭で主演男優賞

2019年4月4日 17:37

認知症の祖母の姿を、孫の視点から見つめる物語
認知症の祖母の姿を、孫の視点から見つめる物語

[映画.com ニュース]認知症の祖母の姿を、孫の視点から見つめる感動作「ばあばは、だいじょうぶ」の完成披露試写会が4月4日、都内で行われ、女優の冨士眞奈美と子役の寺田心くん、メガホンをとったジャッキー・ウー監督(「キセキの葉書」)が出席した。

原作者の楠章子氏が幼少期に体験した祖母との思い出をもとに、いしいつとむ氏が絵を担当し、累計発行部数10万部を突破したベストセラー絵本を映画化。昨年12月に開催されたミラノ国際映画祭の外国映画部門で、主人公の少年・中前翼を演じた心くんが最優秀主演男優賞、ウー監督が最優秀監督賞に輝いた。

“ばあば”を演じる冨士は「去年の夏の暑い日々、心ちゃんと一緒に過ごせて楽しかった。こんな孫がいたらいいのに(笑)。本当の家族みたいだったし、その雰囲気は画面にも出ていたと思う」としみじみ。「心ちゃんがね、『お話があるんですけど』ってメイク室に入ってきて。『よそで会っても、ばあばって呼んでいいですか』って言うから、もちろんいいわよと答えたの」とうれしそうに振り返った。

また、心くんとのある共演シーンについて「心ちゃんの中で、しっかり演技プランがあったみたいで、監督が言うこと、全然聞かないの(笑)。プロフェッショナルなのよね」と明かすと、心くんは「すみません、気をつけます! 恥ずかしいです」と恐縮しきり。ウー監督は「(演技の)答えはたくさんあっていいし、実際にモニターを見ながら、これも正解かなと思った」と舌を巻いていた。

この日は本作の中国公開決定がサプライズで発表され、ウー監督が「感謝しかないです」と瞳を潤ませる場面も。「原作を読み、頭が真っ白になるくらい感動した。思い入れの強い映画になりましたし、これを超えるため、今後いろいろな苦労があると思う」と背筋を伸ばしていた。

ばあばは、だいじょうぶ」は5月10日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ばあばは、だいじょうぶ
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース