「若さとはこんな淋しい春なのか」夭逝の俳人をいじめにあう中学生の視点から描く「ずぶぬれて犬ころ」

2019年4月2日 14:00

25歳でこの世を去った俳人・住宅顕信の人生を描く
25歳でこの世を去った俳人・住宅顕信の人生を描く

[映画.com ニュース]「モバイルハウスのつくりかた」の本田孝義監督が、25歳でこの世を去った俳人・住宅顕信(すみたくけんしん)の人生を、いじめにあったりと、生きづらさを感じている中学生に重ね合わせて描いた「ずぶぬれて犬ころ」の予告編が公開された。過去と現在の登場人物が交差する映像と共に「若さとはこんな淋しい春なのか」をはじめ、五七五にとらわれない顕信の自由律俳句を紹介する。

本田監督にとって初の劇映画。顕信役は「傀儡(かいらい)」「21世紀の女の子」の木口健太仁科貴が顕信の父・勝元、いじめられっ子の中学生・小堀明彦を森安奏太、田中美里が特別出演で明彦の母役を演じる。

2017年、放課後の校内で見回りをしていた師岡敬教頭は、掃除用具ロッカーに閉じ込められていた生徒・小堀明彦を発見する。散らかっていたゴミの中に見つけた紙には「予定は決定ではなく未定である」と記されていた。その言葉は、かつて師岡が出会った少年・住宅春美、後の住宅顕信が書いたものだった。

ずぶぬれて犬ころ」は6月1日から、渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース