現代風「きっと来る」歌うのは女王蜂!アヴちゃんが“逆貞子”に扮したビジュアル公開

2019年3月27日 17:00

“逆貞子”に扮したアヴちゃん
“逆貞子”に扮したアヴちゃん

[映画.com ニュース] 4人組バンド「女王蜂」が、ホラー映画「リング」の主題歌で、「きっと来る」のフレーズでおなじみの楽曲「feels like ‘HEAVEN’」をカバーしていることが明らかになった。池田エライザ主演のシリーズ最新作「貞子」のプロモーション楽曲として、2月に公開された特報にも使用されている。

鈴木光司氏のホラー小説を原作に、見た者は1週間後に呪い殺される「呪いのビデオ」の恐怖を描いた「リング」。中田秀夫監督が第1作以来再び同シリーズのメガホンをとった「貞子」では、SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを描き出す。2月に公開された特報映像でも女王蜂の「feels like ‘HEAVEN’」が使用され、歌声の正体にも注目が集まっていた。

女王蜂は、2011年にメジャーデビュー。個性的なボーカルと独創的なパフォーマンスが人気を集め、映画「モテキ」のメインテーマや、テレビドラマなどでも主題歌を手がけてきた。

ボーカルのアヴちゃんは「貞子。日本ホラー映画界きってのスーパースター。彼女の生い立ちやカリスマ性にリスペクトを込めて、アートワークを作成し、代表曲をカバーしました。貞子の呪いを拡げるための、お手伝いをはじめます」と話し、白髪に黒い衣装に身を包んだ“逆貞子”に扮したビジュアルを披露した。

中田監督は「初めて出かけた女王蜂のライブで、私は十代の思春期に戻ったような感覚に襲われていました。アヴちゃんの歌詞、歌声には思春期特有の、繊細さ=傷つきやすさとともに、メンバーが奏でるエネルギッシュな楽曲もあって、『どんなことがあっても生きていくんだ』というような生の全面的肯定が感じられ、その共存ぶり、引っ張り合う磁力がすごいなと感じ入りました」と女王蜂の魅力を熱弁。カバー楽曲を聞き「彼女らの個性と見事に融合したカバーをしていただきとてもゾクゾクしています」と絶賛している。

女王蜂がカバーした「feels like “HEAVEN”」は3月28日から配信開始、「貞子」は5月24日から全国公開。

(映画.com速報)

リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ]

リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥3,674

呪いのビデオを巡って展開する恐怖を描いたモダン・ホラー。監督は「暗殺の街」の中田秀夫。鈴木光司による同名ベストセラー小説を、「暗殺の街」の高橋洋が脚色。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • デス・バレット
  • プリズン・ランペイジ
  • マリオネット 私が殺された日
  • キラー・メイズ
  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • アルカディア
OSOREZONE

Powered by 映画.com