爆笑問題の田中裕二「プリキュア」観客層に驚き「50過ぎのおじさんが……」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月16日 > 爆笑問題の田中裕二「プリキュア」観客層に驚き「50過ぎのおじさんが……」
メニュー

爆笑問題の田中裕二「プリキュア」観客層に驚き「50過ぎのおじさんが……」

2019年3月16日 15:15

全国230スクリーンで封切り「映画プリキュアミラクルユニバース」

全国230スクリーンで封切り
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「プリキュア」劇場版シリーズの通算26作目「映画プリキュアミラクルユニバース」の初日舞台挨拶が3月16日、東京・新宿バルト9で行われた。全国230スクリーンで封切り。不思議な力を届ける応援アイテム「ミラクルライト」の秘密をめぐり、プリキュアたちが宇宙で大冒険を繰り広げる。

舞台挨拶には、成瀬瑛美(キュアスター/星奈ひかる役)、小原好美(キュアミルキー/羽衣ララ役)、安野希世乃(キュアソレイユ/雨宮えれな役)、小松未可子(キュアセレーネ/香久矢まどか役)に加えて、ミラクルライトを作っている惑星ミラクルの大統領を演じるお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二、大統領の側近で宇宙警備隊の隊員ヤンゴ役の梶裕貴が出席した。

ゲスト出演を果たした田中は「50過ぎのおじさんが、なかなか入っていけない世界観だと思っていましたが、今日、(劇場に)来てみて、意外にそんなことないんですね」と観客層の幅広さに驚きの表情。それでも「大人もお子さんも楽しめるのが、日本のアニメーションのすごさ」と語り、「フクロウなので、ほとんど『ホーッ!』しか言っていませんが、楽しく演じさせてもらった」と振り返った。

続いて、マイクをとった梶は「ヤンゴ改め、宇宙大魔法役の梶裕貴です!」と、鑑賞後のファンに挨拶。「今、ちびっこの皆さんは、僕のこと、どう思っているのかな……。嫌われていないか心配。悪役はそんなに経験がないので、悪役初心者に宇宙大魔王は規模が大きすぎる」と笑いを誘った。

2月から放送が始まった「スター☆トゥインクルプリキュア」をはじめ、前作「HUGっと!プリキュア」、前々作「キラキラ☆プリキュアアラモード」のプリキュアたちが共演する本作。成瀬は「あこがれの映画シリーズに参加できて、先輩たちが応援してくれたので、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを爆発させていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報