宮野真守「プリキュア」初参加 15周年記念作で初代プリキュアの“コピー”に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月27日 > 宮野真守「プリキュア」初参加 15周年記念作で初代プリキュアの“コピー”に挑戦
メニュー

宮野真守「プリキュア」初参加 15周年記念作で初代プリキュアの“コピー”に挑戦

2018年6月27日 07:00

「映画HUGっと!プリキュア」ゲスト声優に決定「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

「映画HUGっと!プリキュア」ゲスト声優に決定
(C) 2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気声優の宮野真守が、「プリキュア」シリーズの15周年記念作「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」のゲスト声優に決定した。同シリーズ初参加となる宮野は、敵キャラクター・ミデンの声を担当する。

シリーズ第1作「ふたりはプリキュア」と放送中の最新作「HUGっと!プリキュア」のプリキュアが共闘する今作は、新旧プリキュアが共演する「オールスターズ」の2年半ぶりの新作として、「ふたりはプリキュア」「HUGっと!プリキュア」のほか歴代プリキュア55人が総出演することでも話題を集めている。

敵キャラクター・ミデンは、プリキュアの思い出を奪い、相手の口癖や技をコピーする特殊能力の持ち主。同役に抜てきされた宮野は、「プリキュアの記念すべき作品に出演することができてすごく幸せです。歴代プリキュア、55人が勢ぞろいすることに僕自身もとても興奮しました」と喜びを語る。ミデンの“コピー能力”についても触れ、「当時、見ていた『ふたりはプリキュア』の『ぶっちゃけアリエナイ!』というセリフを、まさか自分が言える日がくるなんて! プリキュア側になれたみたいな感覚を味わえたので、そのセリフを言えて感動しました」とアフレコを振り返っている。


敵キャラクターのミデン「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

敵キャラクターのミデン
[拡大画像]

また、今作の神木優プロデューサーは、「ミデンは、プリキュアの記憶を奪い、プリキュアになりきってしまうキャラクターです。ときにかわいくおちゃめですが、強く恐ろしい敵としてプリキュアに立ちはだかるミデンを変幻自在に演じていただきたく、今回お願いをさせていただくことが決まりました」と起用理由を明かし、「プリキュアのパワーを使うことのできるミデンは、いわば『最強のプリキュア』!? 宮野真守さん持ち前のパワーで55人のプリキュアに挑んでいただきたいと思っています!」と期待を寄せている。

さらに、予告編も完成。ミデンによって、プリキュアたちの体が小さくなってしまう衝撃の場面、キュアエールとキュアブラックが敵に立ち向かう姿などが映し出されるほか、終盤にはプリキュアたちがファンに向けて「みんな、15年分の大好きの気持ちをありがとう!」「今までもこれからも、私たちは一緒だよ」と呼びかける。シリーズの歴史が凝縮された、15周年記念作ならではの映像に仕上がっている。

映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は10月27日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報