アンディ・ガルシア、“旧知の仲”イーストウッドと初共演!「運び屋」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月27日 > アンディ・ガルシア、“旧知の仲”イーストウッドと初共演!「運び屋」本編映像公開
メニュー

アンディ・ガルシア、“旧知の仲”イーストウッドと初共演!「運び屋」本編映像公開

2019年2月27日 08:00

撮影中のクリント・イーストウッド、 アンディ・ガルシア「運び屋」

撮影中のクリント・イーストウッド、
アンディ・ガルシア
(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI)
LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT
INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドが監督・主演を兼ねる最新作「運び屋」の本編映像が公開された。「ブラック・レイン」「ゴッドファーザーPARTIII」で知られるアンディ・ガルシアが、麻薬カルテルのボスを貫禄たっぷりに演じている。

実話を基にした本作でイーストウッドが演じるのは、一度に最大13億円相当のドラッグを運んだとされる“伝説の運び屋”。仕事一筋で家庭をないがしろにし、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン(イーストウッド)は、車の運転さえすればいいという仕事を引き受けるが、その実は巨大麻薬組織の運び屋だった。

公開されたのは、麻薬カルテルの幹部フリオ(イグナシオ・セリッチオ)が、ボスであるラトン(ガルシア)からアールの監視をするよう命令されるシーン。不満そうなフリオに対し、ラトンは「どうした? 右腕だろ? グスタボに行かせるか?」と別の部下に視線を送ると、フリオは渋々承諾するのだった。


画像2

[拡大画像]

ガルシアは「クリント(・イーストウッド)とは長年、社交的な場での付き合いがあり、一緒に仕事をしたいとずっと願っていた」と念願かなっての出演だったことを明かし、「クリントは俳優にアドリブの余地を残し、アドリブをしたとしてもストーリー展開を守り、目的に合致させることができると信頼してくれる」と監督としての印象を語る。

俳優としてのイーストウッドについても「監督する時と同じで、その場で起きることを感じとる。共演者と一緒に取り組む。とても自然な演じ方だと思う」と信頼を寄せているようだ。ガルシアは役者として以外にも、本作の音楽を手がけたアルトゥロ・サンドバルをイーストウッドに紹介するなど、製作の裏側にも大きく関わっている。

運び屋」は3月8日から全国公開。

(映画.com速報)
ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・...[Blu-ray/ブルーレイ] ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,079 日米の刑事の友情、そしてその激闘を描くサスペンスアクション。これが遺作となった松田優作も強烈な印象を残す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報