【第91回アカデミー賞】「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックが主演男優賞! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月25日 > 【第91回アカデミー賞】「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックが主演男優賞!
メニュー

【第91回アカデミー賞】「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックが主演男優賞!

2019年2月25日 12:45

初のオスカー像を手にしたラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」

初のオスカー像を手にしたラミ・マレック
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第91回アカデミー賞の授賞式が2月24日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレックが主演男優賞を初受賞した。フレディ・マーキュリーの魂をその身に宿したマレックが、第76回ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)、第72回英国アカデミー賞などに続き、同賞を戴冠した。

あらゆる映像を網羅しただけでなく、モーショントレーナーとともに一挙手一投足の癖を体得するなど、約1年間を費やしマーキュリーを“憑依”させていったマレック。熱演は世界中の観客の心の奥深くを刺激し、日本でも興行収入116.6億円を超える社会現象的ヒットを記録している。

恋人で共演者のルーシー・ボーイントンに熱烈なキスをしてから登壇したマレックは、「私はこの賞を受賞して当然という役者ではないかもしれませんが、何とか上手くいったと思います。クイーン、ありがとう。あなた方の本当に大きな伝説に、もっとも小さなパートかもしれないけれど、関わることができて光栄です。スタッフ、キャストの皆さん、大好きです。僕よりもみんな優秀で、皆さんなくしてここに立つことはできませんでした」と感謝を述べた。

マーキュリーの半生を中心に、伝説のバンド「クイーン」による名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを再現した「ボヘミアン・ラプソディ」。構想から製作まで9年を費やし、キャスティング難航や撮影中の監督解雇など波乱の末に世に放たれたが、今回のアカデミー賞では作品賞など5部門にノミネートされた。授賞式ではクイーン+アダム・ランバートがライブ演奏し、式典を大いに盛り上げた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報