志尊淳、土屋太鳳“先輩”に「僕は人生の後輩」と尊敬の眼差し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月21日 > 志尊淳、土屋太鳳“先輩”に「僕は人生の後輩」と尊敬の眼差し
メニュー

志尊淳、土屋太鳳“先輩”に「僕は人生の後輩」と尊敬の眼差し

2019年2月21日 15:00

公開アフレコに挑戦した土屋太鳳&志尊淳「バンブルビー」

公開アフレコに挑戦した土屋太鳳&志尊淳
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界累計興行収入43億7700万ドルを突破した「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクターを主人公にした映画「バンブルビー」のアフレコイベントが2月21日、都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた土屋太鳳志尊淳が参加した。

シリーズ第1弾「トランスフォーマー」でバンブルビーとサム(シャイア・ラブーフ)が出会う以前の1980年代を舞台に、今まで語られることのなかったエピソードや、バンブルビーが声を失った秘密が描かれる。土屋は“地球外生命体”バンブルビーが、地球で初めて出会った孤独な少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)の声を担当。志尊はチャーリーに密かに思いを寄せる心優しい隣人の少年メモ(ホルヘ・レンデボルグ・Jr.)を演じる。

この日、ふたりは初めて一緒にアフレコに挑戦。メモが初めてバンブルビーと出会い、チャーリーが秘密を守るように頼むという重要なシーンだ。アフレコを終え、土屋は「これまではひとりだったので、志尊さんの声は想像でしかなかったんです。なので、今日はご一緒できて『やっと会えた』という嬉しい気持ちです」といい、志尊も「僕も、イメージしていた声と土屋さんの声がリンクしました」と称え合った。

お互いの印象について、土屋は「特撮作品が好きで、これまで無条件にヒーローって自分より年上だと思ってました。(特撮作品に出演した)志尊さんも年上だと思っていたら、同い年だけど誕生日の関係で私よりも年下なんですね!」と驚きの表情。志尊はすかさず「僕の方が後輩ですね、人生の後輩です」と答えて土屋を慌てさせ、アフレコ同様、ここでも息の合ったやりとりを見せた。

志尊は役どころに自身の青春時代が重なるそうで、「昔はものすごい不器用でしたね。好きな人や気になっている人には話しかけられない。テンパってしまって、自分の気持ちを伝えられなくて」と、シャイな思い出を告白。そして「(演じた)メモが自分らしく正義感をもって立ち向かう姿勢は、とても尊敬できます」と振り返った。

さらに、土屋(2月3日生まれ)と志尊(3月5日生まれ)の誕生日が近いことから、“巨大バンブルビーケーキ”がサプライズで登場。亥年の年男と年女というめでたい組み合わせの2人は「かわいい!」と大喜びで、一心にケーキを見つめていた。「バンブルビー」は、3月22日から全国で公開。

(映画.com速報)
トランスフォーマー[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,271 自動車、ヘリコプター、戦闘機など地球上のあらゆるマシンの姿をトレースし、人型ロボットへ変形することができる未知の金属生命体が地球に襲来する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報