安田顕「ぼくいこ」主題歌に4時間泣いた!映画オリジナルMV公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月21日 > 安田顕「ぼくいこ」主題歌に4時間泣いた!映画オリジナルMV公開
メニュー

安田顕「ぼくいこ」主題歌に4時間泣いた!映画オリジナルMV公開

2019年2月21日 15:00

人気エッセイ漫画を映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」

人気エッセイ漫画を映画化した
(C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした
時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 安田顕が主演する「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」から、BEGINが手がける主題歌「君の歌はワルツ」のレコーディング風景も収めたMVが公開された。

本作は、宮川サトシ氏のエッセイ漫画を原作に、がんを患った母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活が描かれている。主人公サトシを安田が演じ、母を倍賞美津子、サトシの恋人を松下奈緒が演じている。主題歌のレコーディングには安田がトライアングル、松下がピアノ、大森立嗣監督がパーカッションのほか、それぞれコーラスで参加している。

公開された映像は、本編を使用した映画オリジナルMVのほか、和やかなレコーディングの模様などが収められている。レコーディングを終えた安田は、岡山から東京に向かう新幹線の中で主題歌のデモ音源を渡されたというエピソードを披露。BEGINを前に「岡山から(東京まで)4時間くらいかかるんですよ。ずっと泣いてました。『涙はいらない』って歌詞の時に涙が出るんですよ。『明日はいらない』って時にちょっとニヤッとしました。ずっと、これは良いなぁと思って」と感動したことを明かした。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報