高杉真宙、主演作がモナコ国際映画祭で栄冠!トロフィーを手にし「重さで実感」

2019年2月7日 22:05

舞台挨拶に立った高杉真宙
舞台挨拶に立った高杉真宙

[映画.com ニュース] 俳優の高杉真宙が2月7日、都内で行われた主演作「笑顔の向こうに」の完成披露上映会に出席した。昨年12月に開催された第16回モナコ国際映画祭で、最優秀作品賞にあたる「エンジェルピースアワード」を受賞。ファンにトロフィーをお披露目し「重さで実感しますね。映画にとっても良いスタートが切れた」と喜びを語った。

スケジュールの都合で、現地入りがかなわなかった高杉は「舞台の本番が終わり、気持ちが燃え尽きたタイミングで、(受賞の)連絡をいただいたので、家に帰る途中でやっと『ああ、受賞したんだ』と思えた」としみじみ。「俳優という仕事は、正解がなく、結局は見る皆さんの価値観や感性で判断してもらうもの。これからも満足せずに(芝居を)続けていければ」と背筋を伸ばしていた。

日本歯科医師会の全面協力を得て、高杉がさまざまな困難と向き合う歯科技工士を演じた本作。オファーを受けるまで「歯科技工士という職業そのものを知らなかった」といい、「実際に医療現場で働く皆さんに教えていただきながら、ひたすら練習を続けた。使いこなす器具も多いですが、黙々とした作業はきらいじゃないので、練習は楽しかったです」と振り返った。

舞台挨拶には高杉をはじめ、共演する安田聖愛佐藤藍子、ayanonono、藤田朋子榎本二郎監督が出席した。新人歯科衛生士を演じる安田は「姉が歯科衛生士なので、職場を見学させてもらったり、姉の友だちに集まってもらい、質問をした。実際やってみると、とても大変で、姉はすごいことをしているなと思った」。佐藤は、高杉演じる主人公の母親にふんし「台本をいただき、『真宙くんの母親?』とびっくりした」と話していた。

笑顔の向こうに」は2月15日から全国のイオンシネマで公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース