西銘駿、“いじめっ子”浅川梨奈を絶妙フォロー「乙女な部分ある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月2日 > 西銘駿、“いじめっ子”浅川梨奈を絶妙フォロー「乙女な部分ある」
メニュー

西銘駿、“いじめっ子”浅川梨奈を絶妙フォロー「乙女な部分ある」

2019年2月2日 14:20

舞台挨拶を盛り上げた浅川梨奈ら「劇場版 リケ恋 理系が恋に落ちたので証明してみた。」

舞台挨拶を盛り上げた浅川梨奈ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浅川梨奈西銘駿がダブル主演を務めた「劇場版 リケ恋 理系が恋に落ちたので証明してみた。」の公開記念舞台挨拶が2月2日、シネ・リーブル池袋で行われ、浅川、西銘をはじめ、矢野優花藤田富荻野可鈴が登壇した。

1日に全国11館で公開された同作は、山本アリフレッド氏の人気コミックを実写化したドラマ「リケ恋 理系が恋に落ちたので証明してみた。」の劇場版。恋愛経験のない理系男女が“恋愛感情とはなにか”を理論的に解明しようと、さまざまな実験をする姿を描いた物語。

浅川は「撮影から9カ月、ようやく皆さんに作品をお届けできてうれしい」と笑顔を見せると、「良い感想だけをSNSで書いてください!」と茶目っ気たっぷりに挨拶。一方、イケメンなルックスとは裏腹に、過去のイベントで天然ぶりを見せている西銘は、この日も最初の挨拶から“しどろもどろ”で、浅川からは「今日のフリートークは浅川さんを中心にと台本に書かれているので、西銘くんの(トークの)回収を任されているんです」と明かした。

劇中では、数式好きな理系大学生として、キリリとした芝居を見せているふたりだが、舞台挨拶では、西銘のグタグタトークに浅川が都度突っ込むという好対照な図式で、息はぴったり。現場でもムードメーカーとなっていたというが、浅川の印象を聞かれた西銘は「いじめっ子ですね」とストレートな回答で会場を笑わせる。さらに、「浅川さんと仕事したあと、だいたいメンタルがやられるんです」とぼやきながらも、「でも心のなかは乙女で可愛らしい部分があるんですよ」とフォローしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報