“仮面ライダークローズ”赤楚衛二、女優陣に裸をいじられタジタジ!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月15日 > “仮面ライダークローズ”赤楚衛二、女優陣に裸をいじられタジタジ!?
メニュー

“仮面ライダークローズ”赤楚衛二、女優陣に裸をいじられタジタジ!?

2019年1月15日 19:15

気合十分に舞台挨拶に臨んだ赤楚衛二「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」

気合十分に舞台挨拶に臨んだ赤楚衛二
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2018年8月に放送終了となった特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の続編となる映画「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」の完成披露試写会が1月15日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の赤楚衛二をはじめ、共演した高田夏帆永尾まりや進藤学滝裕可里、メガホンをとった山口恭平監督が登壇した。

テレビシリーズの主人公・桐生戦兎/仮面ライダービルドの相棒である万丈龍我/仮面ライダークローズにスポットを当てた物語。戦兎が創造した新世界で、人々は記憶を失い、平和に暮らしていた。ある日、龍我はなぜか以前の世界の記憶を持つ女性、由衣と出会う。さらに、そんな龍我の前にエボルトの兄キルバスが現れ襲いかかってくる。龍我は、危機に駆けつけてきたエボルトとタッグを組み、キルバスの脅威に立ち向かう。

会場につめかけた多くのファンを前に、赤楚は「プロテインの貴公子、万丈龍我だ!」と、気合十分といった様子で挨拶。続く高田も「皆のアイドル、みーたんだよ! ただいまー!」と呼びかけ、滝は「全ては仮面ライダークローズのために!」と声を張るなど、冒頭からチームワークの良さをにじませた。

作品への思い入れについて、高田は「仮面ライダーにかかわらせて頂くのがこれで最後で、本当に集大成なので……。すごく気合も入りましたし、さみしい」と語り、「『仮面ライダー』のオーディションを受ける前に、ラスベガスで踊るCMのオファーがあったんだけど、まさかの大人の事情でなくなって……そのおかげで無事にオーディションを受けて出演できました」と、“運命”とも言うべき出演裏話を明かし、隣にいた滝と「本当に良かった!」と喜び合っていた。

テレビシリーズでは敵役だったエボルトとの共闘について、赤楚は「最初は、1年間戦ってきた相手と今さら仲良くなれるのかな、と思ってたんですけど、意外と化学反応がありました」と明かす。さらに、上半身裸の赤楚をとらえたポスターが劇中に登場するそうで、赤楚は「ポスター見て、2人(高田、滝)が『無理なんだけど』って言ってた」としょんぼりした顔で暴露すると、高田は焦りながらも「まりやちゃんは『生理的に無理』って言ってた」と永尾を巻き込み、赤楚をさらに落ち込ませていた。

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」は、1月25日から全国で期間限定公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報