「シリーズ怪獣区 ギャラス」キャスト発表! 謎めいた“怪獣”シルエットも公開

2018年11月14日 17:00

主演は「仮面ライダーウィザード」の奥仲麻琴
主演は「仮面ライダーウィザード」の奥仲麻琴

[映画.com ニュース] 東映特撮作品が楽しめるアプリサービス「東映特撮ファンクラブ」のオリジナル怪獣特撮ドラマ「シリーズ怪獣区 ギャラス」のキャストが発表され、「仮面ライダーウィザード」のヒロイン・コヨミ役を演じた奥仲麻琴が主演を務め、「宇宙戦隊キュウレンジャー」の南圭介、「忍風戦隊ハリケンジャー」の山本康平長澤奈央が出演することがわかった。

「シリーズ怪獣区 ギャラス」は、10月27日に開催された「東映特撮ファンクラブ2018」の場で製作決定が告知された作品。「東映特撮ファンクラブ」で配信されている「山本康平の忍び道」にて、山本が模索してきたオリジナル特撮ドラマ製作の夢が結実した形で企画が進行しており、監督を小串遼太郎(特撮研究所)が務め、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で東映特撮作品デビューを飾った金子香緒里が脚本を担当している。

怪獣ギャラスのシルエット
怪獣ギャラスのシルエット

奥仲があどけなさを残す女性・エリカ役に挑戦し、「宇宙戦隊キュウレンジャー」の鳳ツルギ(ホウオウソルジャー)役で人気を博した南は、IT企業のエリート役として登場。「山本康平の忍び道」でも共演している山本と長澤はそれぞれ、真面目そうなバーのマスター、顔に大きな傷を持つ謎の女として参加している。

またキャスト発表に伴い、怪獣ギャラスのシルエットの一部をとらえた画像も公開された。このシルエットが頭部なのか、尻尾なのか、はたまた腕なのか――詳細は伏せられているが、どのようなルックスをした怪獣として描かれるのか期待が膨らむカットとなっている。

「シリーズ怪獣区 ギャラス」は、ドラマ&特撮シーンの撮影を終え、現在ポスプロ作業中。「東映特撮ファンクラブ」(http://tokusatsu-fc.jp/)で後日配信される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース