Netflixのオリジナル映画が年間90本に

2019年1月7日 19:30

破格のスケール
破格のスケール

[映画.com ニュース] 米ストリーミング大手の Netflixがオリジナル映画の製作本数を増やしているようだ。

米ニューヨーク・タイムズ紙は、同社のオリジナル映画のトップを務めるスコット・ステューバー氏のインタビュー記事を掲載。ステューバー氏はかつてユニバーサル・ピクチャーズで副社長を務め、その後、映画プロデューサーとして「バトルシップ」「テッド」などを手がけている。

2017年、パラマウント・ピクチャーズのトップ候補に名前が挙げられたものの、本人はNetflixを選択。同社のチーフ・コンテント・オフィサー、テッド・サランドス氏のもとで、映画企画全般にゴーサインを出す権限を握っている。現在、Netflixは1年あたり55本のオリジナル映画を製作しており、なかには2億ドルもの超大作も含まれているという。

ステューバー氏の管轄外であるドキュメンタリー映画やアニメ映画も加えると、Netflixは今後1年につき90本前後の新作映画を公開している。メジャースタジオで最も多作であるユニバーサルが1年に公開する映画が年30本程度であることを考慮すると、Netflixのスケールが破格であることがうかがえる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
バトルシップ[Blu-ray/ブルーレイ]

バトルシップ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥980

ピーター・バーグ監督が手がけ、エイリアンの侵略部隊と各国の連合艦隊が洋上で激闘を繰り広げる姿を描くアクション大作。
テッド[Blu-ray/ブルーレイ]

テッド[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥980

マーク・ウォールバーグ扮する中年男と、Fワードを連発する過激なテディベアの交流を描いたコメディ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース