オムニバス映画「21世紀の女の子」予告完成! 大森靖子×平賀さち枝の主題歌初披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月7日 > オムニバス映画「21世紀の女の子」予告完成! 大森靖子×平賀さち枝の主題歌初披露
メニュー

オムニバス映画「21世紀の女の子」予告完成! 大森靖子×平賀さち枝の主題歌初披露

2019年1月7日 04:00

予告編は未公開写真&メイキング 映像も織り交ぜた構成「21世紀の女の子」

予告編は未公開写真&メイキング
映像も織り交ぜた構成
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山戸結希監督が企画・プロデュースするオムニバス映画「21世紀の女の子」の予告編が、YouTube公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=_m_viluHoqo&feature=youtu.be)で公開された。大森靖子平賀さち枝による主題歌「LOW hAPPYENDROLL -少女のままで死ぬ-」が初披露されている。

1980年代後半~90年代に生まれた新鋭監督15人が集結し、“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通テーマとして、それぞれが8分以内の短編として表現。「愛はどこにも消えない」(松本花奈監督)、「回転てん子とどりーむ母ちゃん」(山中瑶子監督)、「恋愛乾燥剤」(枝優花監督)、「君のシーツ」(井樫彩監督)、「reborn」(坂本ユカリ監督)、「粘膜」(加藤綾佳監督)、「projection」(金子由里奈監督)、「離ればなれの花々へ」(山戸監督)、「セフレとセックスレス」(ふくだももこ監督)、「珊瑚樹」(夏都愛未監督)、「I wanna be your cat」(首藤凜監督)、「Mirror」(竹内里紗監督)、「ミューズ」(安川有果監督)、「out of fashion」(東佳苗監督)、エンドロールアニメーション(玉川桜監督)で構成されている。


チラシビジュアル「21世紀の女の子」

チラシビジュアル
[拡大画像]

予告編は、全15種類のチラシに使用されている橋本愛朝倉あき石橋静河伊藤沙莉ら各作品の女優陣をとらえたビジュアルからスタート。未公開のスチール写真、撮影現場のメイキング映像がふんだんに盛り込まれており、クライマックスは「離ればなれの花々へ」に出演した唐田えりかの“涙”で締めくくられている。

21世紀の女の子」は、2月8日からテアトル新宿、2月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報