舞台「K」シリーズ第5弾、東京&大阪で上演決定 伊佐那社役の杉山真宏らキャストも発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月19日 > 舞台「K」シリーズ第5弾、東京&大阪で上演決定 伊佐那社役の杉山真宏らキャストも発表
メニュー

舞台「K」シリーズ第5弾、東京&大阪で上演決定 伊佐那社役の杉山真宏らキャストも発表

2018年12月19日 05:00

東京&大阪で上演決定「劇場版 K MISSING KINGS」

東京&大阪で上演決定
(C)GoRA・GoHands/stage k‐project
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ「K」シリーズの舞台化第5弾「舞台『K RETURN OF KINGS』」の上演が決定した。2019年3月1~10日に東京・天王洲銀河劇場で12公演、3月15~17日に大阪メルパルクホールで5公演が行われる。

原作は“王”と呼ばれる存在や、そのもとに集った特異能力者たちの戦いを描くオリジナルアニメ。12年にテレビシリーズ第1期「K」、15年に第2期「K RETURN OF KINGS」が放送、15年には劇場版「K MISSING KINGS」、18年に「K SEVEN STORIES」が公開された。舞台版は、14年に第1弾「舞台『K』」、17年に第4弾「舞台『K MISSING KINGS』」が上演されている。

キャストも発表されており、主人公の伊佐那社(いさなやしろ)役に杉山真宏、夜刀神狗朗(やとがみくろう)役に岸本勇太、櫛名(くしな)アンナ役に桑江咲菜、八田美咲役に椎名鯛造、鎌本力夫役に高田誠、磐舟天鶏(いわふねてんけい)役に和泉宗兵、五條スクナ役にとまんが起用された。また、第4弾「舞台『K MISSING KINGS』」から、ネコ役の柴小聖、草薙出雲役の寿里、宗像礼司(むなかたれいし)役の小野健斗、淡島世理(あわしませり)役の茉莉邑薫、伏見猿比古役の木戸邑弥、御芍神紫(みしゃくじゆかり)役の佐々木喜英が続投する。脚本と演出は、舞台版シリーズに一貫して携わっている末満健一が担当。

チケットは、ローソンチケットと銀河劇場チケットセンターで販売。12月20日まで公式ファンクラブ「K FAN CLAN」先行、19年1月8~14日にオフィシャル先行、LEncore先行、銀河劇場先行、1月15~21日にプレリク先行を受け付け、2月2日に一般販売がスタートする。価格は、パンフレットと非売品グッズがセットになったプレミアムチケットが1万800円、一般席が7800円(いずれも税込み)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報