土屋太鳳×百田夏菜子で70年代歌謡シーン描く!「約束のステージ」19年春放送 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月18日 > 土屋太鳳×百田夏菜子で70年代歌謡シーン描く!「約束のステージ」19年春放送
メニュー

土屋太鳳×百田夏菜子で70年代歌謡シーン描く!「約束のステージ」19年春放送

2018年12月18日 06:00

百田「やばい、歌の上手い役をやるんだ!」

百田「やばい、歌の上手い役をやるんだ!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 土屋太鳳百田夏菜子ももいろクローバーZ)が、読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ 時を駆けるふたりの歌」で共演することがわかった。2019年から1975年にタイムスリップしてきた主人公の奮闘と成長を、70年代のヒット曲や昭和の風景とともに描き出す。

「スター誕生!」に先駆け放送された70年代のオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフに、「半落ち」「日輪の遺産」の佐々部清監督が演出、「グッドドクター」の徳永友一が脚本を手がけドラマ化。19年、東北の港町で歌手を目指しながらも、夢を諦めかけていた小沢翼(土屋)は、75年の東京にタイムスリップしてしまう。困惑する翼を救ったのは、歌手になるため上京してきた大空つばさ(百田)だった。名前も年齢も抱く夢も同じで、運命的に出会った2人。紆余曲折を経てユニットを組んだ翼とつばさは、デビューを目指して「全日本歌謡選手権」に出場する。


画像2

[拡大画像]

初共演となる土屋と百田。70年代をイメージした衣装をまとい、当時の名曲をキュートに歌うシーンが大きな見どころとなる。土屋は「私が自分の節目としている映画『日輪の遺産』という作品で佐々部清監督と出会って以来、このドラマでまた佐々部監督とご一緒できるのが本当にうれしい」と喜び、「ずっと音楽からパワーをもらってきた側の人間として、音楽への感謝や尊敬を持っているからこそできる表現を心がけたいです。百田さんとは、初めての共演です。高校の文化祭では必ずももクロが流れていましたし、私が元気をもらっていた方々のリーダーとご一緒するので、すごくドキドキしています」とコメントを寄せた。

さらに百田は、「最初に脚本を読んだ時は『やばい、歌の上手い役をやるんだ!』と思いました」と笑いながら明かす。それでも「偉大な先輩方が生き抜いてきた1970年代の歌をこのドラマで歌えるのはありがたいことで、より頑張らないといけないなと思っています」と気合いを入れ、「土屋太鳳さんとは同い年で、普段は違う場所で活躍されている方とこういう形でご一緒できるのがすごくうれしいです。ドラマで歌の楽しさとか素晴らしさを、自分も楽しみながら、しっかり伝えられたらと思います」と真摯に意気込んだ。

スペシャルドラマ「約束のステージ 時を駆けるふたりの歌」は、19年春に放送。2人をとりまくキャストは後日発表予定で、全日本歌謡選手権出身の有名歌手の出演も予定されている。

(映画.com速報)
半落ち[DVD] 半落ち[DVD] 最安価格: ¥2,224 2002年に刊行されたベストセラー・ミステリーを「陽はまた昇る」の佐々部清監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi