長澤まさみ×東出昌大×小日向文世「コンフィデンスマンJP」見るもの欺くビジュアル披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月11日 > 長澤まさみ×東出昌大×小日向文世「コンフィデンスマンJP」見るもの欺くビジュアル披露!
メニュー

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世「コンフィデンスマンJP」見るもの欺くビジュアル披露!

2018年12月11日 10:00

両面仕様のビジュアル披露!「コンフィデンスマンJP」

両面仕様のビジュアル披露!
(C)2019「コンフィデンスマン
JP the movie」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長澤まさみ東出昌大小日向文世が共演したフジテレビ系ドラマを映画化する「コンフィデンスマンJP the movie」のティザービジュアルが、このほど披露された。見るものを欺くような両面仕様のデザインで、策略や騙し合いにより二転三転する物語と、裏表のある3人のキャラクターを象徴している。

映画「キサラギ」やドラマ「リーガル・ハイ」などで知られる古沢良太が脚本を手がけ、高い評価を得た月9ドラマを映画化。天才的な知能を持つがどこか抜けているダー子(長澤)、お人好しのボクちゃん(東出)、百戦錬磨のベテラン・リチャード(小日向)といった、3人の信用詐欺師たちが奇想天外な計画を打ち出し、欲にまみれた人間たちから金を騙し取る姿をコミカルに描いた。

映画版は香港を舞台に、史上最大のターゲットをめぐるコンゲーム(ゲームのように二転三転する物語のこと)を繰り広げる。ビジュアルには、札束が舞うなか満面の笑みを浮かべるダー子と、サングラスに反射するシックな装いのボクちゃん&リチャードの姿が。さらにもう一面には、次のターゲットを狙うダー子、ヌンチャクを振り上げるボクちゃん、両手を挙げて喜ぶリチャードをとらえている。

また12月19日には、都内某所で第1回ファンミーティング「子猫ちゃんたちの集い 忘年会編」が開催。五十嵐役の小手伸也や、メガホンをとった田中亮監督らが登壇し、ドラマ版の振り返り上映(五十嵐の生副音声付き)や、映画最新情報の発表などが行われる予定だ。

コンフィデンスマンJP the movie」は、2019年5月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報