「からくりサーカス」に南條愛乃、佐倉綾音ら出演決定 関智一と古川登志夫が錬金術兄弟役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月25日 > 「からくりサーカス」に南條愛乃、佐倉綾音ら出演決定 関智一と古川登志夫が錬金術兄弟役に
メニュー

「からくりサーカス」に南條愛乃、佐倉綾音ら出演決定 関智一と古川登志夫が錬金術兄弟役に

2018年11月25日 23:30

南條愛乃、佐倉綾音らの出演が決定

南條愛乃、佐倉綾音らの出演が決定
(C)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 放送中のテレビアニメ「からくりサーカス」のストーリーが新章に突入することにともない、新たに登場するキャラクターのキャストが発表され、南條愛乃宝亀克寿佐倉綾音浜田賢二小上裕通関智一古川登志夫の出演が明らかになった。

同作は、父親の事故死によって莫大な遺産を相続し、命を狙われるようになった小学5年生の才賀勝、困っている人を放っておけない拳法家の加藤鳴海、懸糸傀儡(マリオネット)を操る才賀しろがね(エレオノール)らに待ち受ける数奇な運命を描く。

南條は凄腕の拳法家である女優の梁明霞(リャン・ミンシア)、宝亀は明霞の父で、鳴海の拳法の師匠でもある梁剣峰(リャン・チャンフォン)を演じる。南條は自身が演じる役柄を「活発で、家族想いな女性だと思いました。女優業をしていることもあり自分に対して自信もあり、ともすればちょっと偉そう? にも見える言動があったりしますが、なにごとにもストレートに生きている彼女は見ていて清々しいです。そして仲間と思った相手には情が厚いところも好きです」と紹介している。

佐倉、浜田、小上は世界各地の「しろがね」役を担当。佐倉がサハラを中心に活動するファティマ役、浜田がアメリカのジョージ・ラローシュ役、小上がイギリスのロッケンフィールド役を担当する。

関と古川は「プラハ編」に登場し、物語の中核を担うことになる中国出身の錬金術兄弟、白銀(バイイン)と白金(バイジン)を演じる。古川と血縁役で共演することになった関は、「古川登志夫さんと兄弟役で、しかも古川さんが弟役なので頑張ります」と意気込みを語った。なお、兄弟と深い関わりをもつプラハの裏町に住む貧しい少女フランシーヌ役は、しろがね役の林原めぐみが兼任する。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報