「機動警察パトレイバー」30周年記念展開催決定 初公開原画や原寸大リボルバーカノンなど展示 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月18日 > 「機動警察パトレイバー」30周年記念展開催決定 初公開原画や原寸大リボルバーカノンなど展示
メニュー

「機動警察パトレイバー」30周年記念展開催決定 初公開原画や原寸大リボルバーカノンなど展示

2018年11月18日 07:00

初公開原画や原寸大リボルバーカノンなど展示「機動警察パトレイバーREBOOT」

初公開原画や原寸大リボルバーカノンなど展示
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「機動警察パトレイバー」シリーズのプロジェクト30周年を記念した展示イベント「機動警察パトレイバー30周年記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION~」が、12月13~24日に東京・池袋マルイで開催される。

「機動警察パトレイバー」シリーズは、映像作家の押井守、漫画家のゆうきまさみ、脚本家の伊藤和典、メカニックデザイナーの出渕裕、キャラクターデザイナーの高田明美によるクリエイター集団「ヘッドギア」によるSF作品。搭乗型の人型ロボット“レイバー”が普及した20世紀末の東京を舞台に、警察のレイバー=“パトレイバー”AV-98イングラムに乗ってレイバー犯罪に立ち向かう、泉野明(いずみのあ)ら警視庁警備部特科車両二課(特車二課)の隊員の活躍を描く。1988年発売のOVAを皮切りとして、テレビアニメや劇場アニメ3作品、実写版などが制作されており、16年には短編アニメ「機動警察パトレイバーREBOOT」が公開された。

「機動警察パトレイバー30周年記念展」では、劇場版を中心に、初公開となる原画や設定資料を展示。作品の世界観をイメージした1/150ジオラマや、イングラムの携行武器として作中に登場する37mmリボルバーカノンの原寸大レプリカ、歴代の特車二課制服、ヘッドギア、コックピットといった造形物も多数披露される。会場内には19年2月発売の「機動警察パトレイバー30周年記念切手」コーナーが設置され、今後のシリーズ展開を紹介する特報映像も上映。さらに、歴代作品に携わった関係者をゲストに招いてのトークイベントも行われる。入場料金は1000円。

(映画.com速報)
機動警察パトレイバーREBOOT[DVD] 機動警察パトレイバーREBOOT[DVD] 最安価格: ¥2,590 1980~90年代に人気を博し、実写版も製作されたロボットアニメ「機動警察パトレイバー」を完全新作アニメーションで復活させた短編作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi