佐野ひなこ“小悪魔バスケ女子”に扮装 話題の米バスケ映画をアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月28日 > 佐野ひなこ“小悪魔バスケ女子”に扮装 話題の米バスケ映画をアピール
メニュー

佐野ひなこ“小悪魔バスケ女子”に扮装 話題の米バスケ映画をアピール

2018年10月28日 19:30

圧倒的な身長差「アンクル・ドリュー」

圧倒的な身長差
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)のスター選手とハリウッドコメディ俳優の豪華共演が実現した映画「アンクル・ドリュー」の公開を記念したハロウィンイベントが10月28日、都内の体育館で行われ、タレントの佐野ひなこが“小悪魔バスケ女子”に扮装し、登場した。

特殊メイクで老人に扮した現役NBA選手、カイリー・アービングがストリートボーラーに勝負を挑み、累計1億回再生を記録した米ペプシ社のドッキリCMを長編映画化。アービングをはじめ、シャキール・オニールレジー・ミラークリス・ウェバーネイト・ロビンソンらNBAの名選手が特殊メイクで“じいさんドリームチーム”に変身し、神業プレイを連発している。

佐野は「バスケはそこまで詳しくない」と前置きし、「それでも、レジェンド選手たちのパフォーマンスには目を見張るものがあり、すごく楽しかった。試合のシーンはテンポが良くて、展開もすさまじい。くすりと笑えるコメディシーンもあって、すごく楽しかった」と映画を満喫した様子だった。

イベントには国内プロバスケットボールリーグB.LEAGUE「サンロッカーズ渋谷」に所属する元NBA選手のロバート・サクレ、ライアン・ケリーも駆けつけ、「最後まであきらめちゃいけないというメッセージが描かれている」(サクレ選手)、「チームワークの大切さも伝わる映画。出演する選手たちがすばらしい演技をしている」(ケリー選手)とプロ目線で映画に太鼓判。ともに身長2メートルを優に超える高身長で、二人に挟まれた佐野は圧倒されながら、思わず天を仰いでいた。

アンクル・ドリュー」は11月9日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報