“全編PC画面”の「search」は演技指導も独特だった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月22日 > “全編PC画面”の「search」は演技指導も独特だった!
メニュー

“全編PC画面”の「search」は演技指導も独特だった!

2018年10月22日 12:00

キャスト、監督が撮影の模様を明かした「search サーチ」

キャスト、監督が撮影の模様を明かした
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 100%PC画面の映像で進行するサスペンススリラー「search サーチ」の特別映像が公開。革新的な映像を表現するため、アニーシュ・チャガンティ監督が行った独自の演技指導が明らかになった。

16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始される。娘の無事を信じたい父親のデビッド(ジョン・チョウ)は、マーゴットのPCにログインし、娘が登録しているSNSにアクセスを試みるが、そこには知られざるマーゴットの闇が広がっていた。2018年のサンダンス映画祭観客賞(NEXT部門)を受賞し、米国最大の批評サイト「Rotten Tomatoes」では93%(10月19日現在)という高得点を記録した。

映像内でチャガンティ監督は「昔ながらのストーリーだが、型破りな方法での映像化に挑戦した」語る。その一例として、劇中でキャストの感情が高ぶった際には、その表情を過剰なまでにPC画面にクローズアップさせた。「身を乗り出す動作を映し出すことで、強い感情を表現できる」という、本作のためにチャガンティ監督が考えた独特の演技指導だ。

デビッド役のチョウが「クローズアップの多い作品だ」と明かすように、あふれる怒りを表現するシーンなどでこの方法を採用。チャガンティ監督こだわりの演出が二転三転する巧みなストーリーテリングとの化学反応を起こし、本作の斬新な映像世界へと引き込んでいく。

映像内にはそのほか、娘が行方不明になる直前に乗っていたという車が発見される物語のキーとなるシーンや、捜索事件で娘が有名になった途端「親友だったの」と涙を流しながらSNS動画で娘のことを語りだす女性など、SNS社会の闇の一端を垣間見る本編映像が収録されている。

search サーチ」は10月26日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi