“AVの帝王”村西とおるのドキュメンタリー完成 「人類が見たことのない映像を撮りたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月13日 > “AVの帝王”村西とおるのドキュメンタリー完成 「人類が見たことのない映像を撮りたい」
メニュー

“AVの帝王”村西とおるのドキュメンタリー完成 「人類が見たことのない映像を撮りたい」

2018年10月13日 11:00

自身のドキュメンタリーを語った村西とおる氏「M 村西とおる狂熱の日々」

自身のドキュメンタリーを語った村西とおる氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]前科7犯、借金50億円を抱え「AVの帝王」の異名を持つ村西とおる氏のドキュメンタリー「M 村西とおる狂熱の日々」(片嶋一貴監督)の東京プレミアイベントが10月12日、都内で開催され、村西氏がトークショーを行った。

映画は、1996年に北海道で撮影を行ったVシネマ「北の国から 愛の旅路」の製作の舞台裏に肉迫し、現在の村西氏本人と支持者のインタビューを交えたもの。

この日はキャンセル待ちも出るなど、村西氏の熱烈なファンが約300席を埋めつくし、会場は熱気に包まれた。村西氏はお色気を交えたトークで観客を盛り上げ、「前科7犯に声かけられたことないでしょ、お嬢様」と軽妙な話術で数少ない女性客の緊張も解いていた。

観客から、これからどんなエロスを追求するのかと問われると、「人類が見たことのない映像を撮り続けたい」と意気込み、「性器そのものはスケベではない」「例えば知的レベルの高い女性が阿鼻叫喚を見せるところにドキドキする」と“落差”にエロスがあると説いた。

ベータテープ120本にも及ぶ素材を扱った片嶋監督は「この面白さを編集でなくさないよう気をつけた。特にラストシーンが好きです。編集の数カ月は至福の時間でした」と振り返った。また、作家の西村賢太氏、代々木忠監督も登壇。村西氏の破天荒な現場が映し出される本作を鑑賞した代々木監督は、「あなたと関わり合いを持たなくて良かった」と冗談めかして感想を語った。

M 村西とおる狂熱の日々」は2019年春公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi