阿部サダヲ「ぜひ焼き付けて!」 主演作「音タコ」をロックにアピール

2018年10月13日 14:15

ロックな表情の阿部サダヲ、吉岡里帆、 千葉雄大
ロックな表情の阿部サダヲ、吉岡里帆、 千葉雄大

[映画.com ニュース] 俳優の阿部サダヲが10月13日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演作「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の公開記念舞台挨拶に登壇。「原作ものが多いなか、オリジナル脚本で、しかもロックコメディというのはあまりない。こう見えて(笑)、真面目に取り組んだので、ぜひ焼き付けてもらえれば!」と熱烈アピールしていた。

舞台挨拶には阿部をはじめ、共演する吉岡里帆千葉雄大田中哲司ふせえり三木聡監督が出席した。4オクターブの音域と万人の心を打つ声量を武器に、すべてを手にしたロックスターのシン(阿部)。だが、その歌声は「声帯ドーピング」という掟破りの方法で作られていた。副作用で喉が限界に近づくシンは、歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と出会い……。10月12日に全国214スクリーンで封切られた。

ヒロインを演じる吉岡は半年間、ギターと歌唱の訓練を重ねたといい「こんなに長い時間、準備した作品は初めてなので、思い入れはとてもとても強いです」と熱弁。劇中のお気に入りセリフは「いいの、いいの、ブライアンいいの!」だと明かし、「何があっても、『まあ、いいっか』って前を向ける」と理由を話していた。

シンを担当するレコード会社の社員に扮した千葉は、「劇中の歌がかっこいい」と見どころを紹介。先日、友人とカラオケに行った際、阿部と吉岡がボーカルを担当する主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」を歌ったといい、「キーが高くて、吉岡さん、すごいなと思った」と感心しきりだった。

壇上では、映画の公開を祝うくす玉が割られ、中からは阿部と吉岡が書いた「テンションを上げろ!!」の垂れ幕が。「(ネフタリ・)ソト選手がホームラン王になった。イエイ!」(ふせ)、「赤ちゃんが大きなゲップを出した」(田中)と身近に起こった“テンションがあがった出来事”も明かされた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース