広瀬アリス、アカペラで劇中歌初披露 「ソラノカナタ」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月11日 > 広瀬アリス、アカペラで劇中歌初披露 「ソラノカナタ」本編映像公開
メニュー

広瀬アリス、アカペラで劇中歌初披露 「ソラノカナタ」本編映像公開

2018年10月11日 17:00

広瀬アリスの歌声響く本編映像が公開「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」

広瀬アリスの歌声響く本編映像が公開
(C)XFLAG
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ゲーム「モンスターストライク」を原作としたCGアニメーション映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(公開中)の本編映像が公開された。声優を務めた広瀬アリスが劇中歌に初挑戦し、透き通るような歌声を披露している。

本作の舞台は、謎の力によって東京の中心部が浮き上がり、空中都市「旧東京」と地上に残った「新東京」に分断された世界。主人公・カナタと謎の青い髪の少女ソラが、世界を意のままに操ろうと目論むセンジュと戦う姿を描く。10月6~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)で初登場1位を獲得した。

公開されたのは、広瀬演じるソラが、窪田正孝演じるカナタのピアノに合わせて歌うシーン。古い家屋でピアノを見つけたカナタは、東京が浮いた13年前に流行った曲を弾き始める。すると、ソラがピアノに合わせて「どんな夢見て 君は育つの 思い続けましょう」と歌い始めるのだった。

カナタは13年前に両親が突然いなくなり、当時の記憶を失って孤独を感じていた。しかし、ソラの歌声を聞いて「この曲……!」と何かを思い出した様子を見せ、優しそうな金髪の女性がソラと同じ曲を歌っている記憶がよみがえる。

ほぼアカペラで歌声を披露した広瀬は「歌うのは好きです。でも、人前で歌うのは本当に恥ずかしくて(笑)。顔を真っ赤にしながら歌いました」と裏話を明かす。「最初は緊張してしまって、何回も録ったのですが、最後に独り言のようにささやく感じで歌ったんです。フッと力が抜けた瞬間があって、一番リラックスして歌えました。それが実際に使われているので、初挑戦の歌声にも注目していただけたらと思います」と語っている。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi