山下健二郎、新井美羽の「大好き」に大照れ「泣きそうだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月29日 > 山下健二郎、新井美羽の「大好き」に大照れ「泣きそうだった」
メニュー

山下健二郎、新井美羽の「大好き」に大照れ「泣きそうだった」

2018年9月29日 13:38

山下健二郎と新井美羽「DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW」

山下健二郎と新井美羽
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「三代目J Soul Brothers」の山下健二郎、「劇団EXILE」の佐藤寛太、「EXILE」の佐藤大樹らが9月29日、主演映画「DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW」の公開記念舞台挨拶を東京・丸の内ピカデリー1で行った。

総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」シリーズの最新作で、3人のキャラクターの頭文字をとったチーム「DTS」を主役に据えたスピンオフ。ラジオドラマからテレビドラマを経て、待望の映画公開だが、リーダー格の山下は「寛太がバチっと決めてくれます」と感想を丸投げした。

いきなり振られた寛太は、「公開されて初の公の場。最高です」と素直な心情を告白し、大樹も「寛太らしくていい」と笑顔。だが、山下は納得がいかなかったのか、結局は「いつか映画にしたいと思っていたものが形となったので、大変うれしく思っている。魂を込めて作った映画なので、自信を持ってお届けできる」と自ら喜びを口にした。

そして、「でも、一番かわいかったのは美羽ちゃん。たまらんですわ」と、共演した子役の新井美羽にぞっこんの様子。新井も、「3人とも待ち時間に遊んでくれてうれしかったし、皆面白かった」と感謝すると、「すげえ、キュンとしますね」という寛太をはじめ3人ともデレデレ状態だ。


画像2

[拡大画像]

さらに、新井は最も共演シーンの多かった山下にあてた手紙をサプライズで朗読。「山下健二郎さんは、私のあこがれです。健二郎、また遊んでね。大好き」というラブコールに、山下は「ヤバかった。泣きそうだった」と照れながらも、勝ち誇った表情だった。

これまでシリーズのプロデュース、脚本を手掛け本作で初の監督に挑戦した平沼紀久監督は「感謝の気持ちでいっぱいだが、絶対当てろというプレッシャーがすごくて80で、感謝が20。僕らしさはゼロです」と自虐。それでも、「これまで表現できなかったことを、全部やりたいと思った。松竹の正月シリーズの定番にしたい」と、さらなるシリーズ化に意欲を見せていた。

この日は他に八木将康天野浩成笛木優子廣瀬智紀西川俊介西村一輝水野勝田中俊介守屋光治井澤勇貴立木文彦の総勢16人が登壇した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi