窪田正孝&広瀬アリスが体感 「ソラノカナタ」制作会社独自の技術を生かした手法とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月26日 > 窪田正孝&広瀬アリスが体感 「ソラノカナタ」制作会社独自の技術を生かした手法とは?
メニュー

窪田正孝&広瀬アリスが体感 「ソラノカナタ」制作会社独自の技術を生かした手法とは?

2018年9月26日 20:04

「ハーモナイズ CG」という技術も使用されている「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」

「ハーモナイズ CG」という技術も使用されている
(C)XFLAG
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 窪田正孝広瀬アリスが声優を務めるCGアニメーション映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」。本作では、先に声を収録してからアニメを作る「プレスコ」という手法が用いられている。声からどのようにキャラクターを作り上げていったのか、CGアニメーションを手がけた制作会社オレンジの社長である井野元英二氏が語った。

オレンジは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」「攻殻機動隊 ARISE」などに携わってきた。CGアニメーションを駆使したバトルシーンなどを得意としているが、今作では役者の声を生かすことを重視したという。

井野元氏は「役者さんが自由に声を当ててからその声を基にキャラクターの演技をつけていくプレスコでは、役者さんの演技の幅が広がります。特にCGでアニメーションを作るときは、声があったほうが作りやすいんです。実は役者さんの声を流しながら、モーションキャプチャで動きを撮影して、声とキャラの動きをぴったり合わせるなど工夫して制作しました」と説明。


画像2

(C)XFLAG
[拡大画像]

さらに、「本編のキャラクターの芝居に、窪田さんや広瀬さんの繊細かつ力強い演技を落とし込んでいけるように意識しました。お2人の声を聞きながら、キャラクターの表情や動きを付けていき、感情移入しやすいキャラクターになったと思います」と手応えをにじませる。

オレンジ独自の「ハーモナイズ CG」という技術を使用し、キャラクターに感情移入できることも追求した。3DCGならではの滑らかな動きを、作画風のアニメーションに見せるために調和させる技術だといい、井野元氏は「3DCG の映像表現を広げていくため、2D の作画のような仕上がりを目指しました」と語った。

モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」は、10月5日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi