新「L・DK」ヒロインは上白石萌音! “3人同居”の相手は杉野遥亮&横浜流星 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月6日 > 新「L・DK」ヒロインは上白石萌音! “3人同居”の相手は杉野遥亮&横浜流星
メニュー

新「L・DK」ヒロインは上白石萌音! “3人同居”の相手は杉野遥亮&横浜流星

2018年9月6日 05:00

2019年3月21日から全国公開「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2019年3月21日から全国公開
(C)「2019L・DK」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の上白石萌音が、2014年の映画「L・DK」を新たに映画化する「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」に出演することがわかった。恋愛映画初挑戦となる上白石に“壁ドン”“あごクイ”“バックハグ”“キス”など、もん絶必至の熱いアプローチをするのは、人気若手俳優の杉野遥亮横浜流星。ティーンからの支持も厚いフレッシュなキャスト陣が、女子の憧れや妄想を全て表現する。

コミックス累計発行部数1000万部を突破した渡辺あゆ氏の人気少女漫画が原作。直情型で暴走気味の女子高生・西森葵が、学校一のイケメンかつツンデレ王子・久我山柊聖と同居することになり、反発しつつも次第に惹かれ合う日々を紡いだ。本作は“壁ドンブーム”の火付け役となった映画「L・DK」を手がけた川村泰祐監督が続投し、原作漫画でも高い人気を誇る“玲苑編”を描き出す。恋人同士となり、2人きりのラブ同居を始めた葵(上白石)と柊聖(杉野)のもとに、突然、柊聖のいとこ・玲苑(横浜)がやってくる。まさかの3人同居がスタートし、恋に波乱が巻き起こる。

「少女漫画のヒロインとは縁遠いと思っていたので、お話をいただいたときは本当にわたしでいいのか、何度も確認しました」という葵役の上白石は、「言ったことも言われたこともない台詞や、ドキドキするシチュエーションに、顔が火照りっぱなしでしたが、真心で人とぶつかっていく主人公の葵に勇気をもらい、わたしも真っ直ぐにお芝居をしたつもりです」と撮影を述懐。初チャレンジとなったキスシーンに関しては「穴があったら入りたい! と本気で思いましたが、優しいリードでとても安心感がありました。キスシーンに限らず、杉野さんと横浜さんには心身共に支えて貰っていました。お互いに緊張して、念入りにケアをしすぎて…とても爽快なミントの味でした(笑)」と振り返っている。

柊聖に扮した杉野は、身長差33センチの上白石に向けた初めての“壁ドンについて「手の位置や角度、魅せ方を試行錯誤しました」。そして、上白石の「作品に臨む上での立ち居振る舞いや、役に対しての理解度や在り方、それに向かっていく姿勢」に感銘を受け、「玲苑は、同じ男から見てもかっこいいと思える男で、それをリアルに表現していく横浜くんに対して、柊聖としても杉野遥亮としても、超えていきたい! と奮い立ちました」と気を引き締めていたようだ。

赤髪でヤンチャなビジュアルの柊聖を演じることになった横浜は、「大人気少女漫画映画の続編に参加できることにプレッシャーも感じましたが、とても嬉しく、ついに僕も壁ドンをやる日が来たんだなと思いました(笑)。初めての壁ドンだったので不思議な感覚でしたが、監督と相談しながら、原作に忠実に、かっこ良い壁ドンになったと思います」と自信たっぷり。プライベートでも仲の良い杉野だからこそ「『いとこ』という関係をよりリアルに出せたと思いますし、杉野君の撮影の立ち振る舞いなどに、刺激を受けました」と語っている。

また、再映画化に喜びを隠せない原作者の渡辺氏は、「みなさんの演じる姿は、喋り方から仕草から、体のシルエットまで、自分の描いたキャラが三次元になってる! と錯覚するくらい眼を見張るものがありました。みなさん半端ないって!! という一言につきます」と上白石らの熱演を絶賛している。「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」は、2019年3月21日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報